シネマに包まれて-映画祭報告

presented by 河北新報

(6・完)外からの視線が気になる 「トルパン」

2008/10/27

tiff08_06_01.jpg 最終日の26日に授賞式が行われ、カザフスタンのセルゲイ・ドヴォルツェヴォイ監督の「トルパン」に最高賞の東京サクラ・ゴールド賞と監督賞を、イエジー・スコリモフスキの「アンナと過ごした4日間」に審査員特別賞を授与して、1週間の会期を終えた(詳細は一覧を参照)。

 実は、映画祭が始まる前から「トルパン」が大きな賞を獲るだろうことは、ある程度予測がついていた。カザフスタンの草原で羊を遊牧している青年が、噂を聞いて"トルパン"(チューリップ)という名の娘に求婚に行くが、耳が大きいことを理由に何度も断られ、顔も見ないうちに娘は都会に出ていってしまう、というストーリー。土地が痩せているために羊が死産する場面など、自然の過酷さ、遊牧民の素朴さがユーモラスなタッチで過不足なく描かれている佳作で、こういう作品は減点するところが少なく、民族的な味付けが効いて、映画祭で受賞しやすいのだ。事実、カンヌ映画祭の<ある視点>部門でも、黒沢清の傑作「トウキョウソナタ」やスティーヴ・マクィーンの力作「ハンガー」を抑えて<ある視点>賞を受賞している。

 けれども、私は遊牧民に向けるエキゾチックな視線が気になった。カザフといえば、十年以上前からダルジャン・オミルバエフらが牽引してきたニューウェーヴがあるが、「トルパン」はそれとはまるで異質な作品だ。ドヴォルツェヴォイ自身ロシア人だし、ドイツ、スイス、ロシア、ポーランド、カザフの5カ国の共同製作でもわかるように、外からの目で見たカザフ、砂漠、遊牧民、なのだ。そこに、角川春樹の製作した「蒼き狼」とまでは言わないが、フランス育ちのトラン・アン・ユンの「青いパパイヤの香り」のような、喉の奥に引っかかる小骨のような違和感を感じたし、優等生的な出来のよさに物足りなさも感じた。

tiff08_06_02.jpg 「アンナと過ごした4日間」は、スコリモフスキ得意の屈折した愛をテーマにした作品。病院で下働きをしているレオンは、自分が犯人に間違えられたレイプの被害者で、今は看護婦となったアンナを密かに愛し、夜毎アンナの部屋に忍び込み、こっそり壊れた鳩時計を修理したり、彼女の足の爪にマニキュアを塗ったり、彼女の生活に侵入し始めるが...、というストーリー。すでに巨匠のスコリモフスキだから、描写の上手さは言うまでもなく、審査員特別賞は当然の結果だと思う。問題は、「トルパン」やスコリモフスキなどの受賞作と、それ以外のコンペ作品との差がありすぎる点である。また「超強台風」のようなプロパガンダすれすれの娯楽映画を同じ土俵で競わせることにも大きな疑問を感じた。

 東京映画祭の弱点がコンペ部門であることは今年も明らかだった。映画祭の矛盾が集中する部門なので同情の余地もあるが、私はいっそのことコンペ部門をやめてしまったらどうかと思う。今のコンペで上映される映画で、上映するに足るものは既に他の映画祭で上映されたり、受賞したりしているものばかり。その種の映画は<ワールド・シネマ>部門で上映すれば事足りる。授賞式がやりたければ、<アジアの風>をメインのコンペにすればいい。こうすれば、ずっとすっきりした映画祭になるし、アジアの中心としての東京の意義を世界に発信し、今も東京に興味を持って足を運んでくれる中国や韓国などアジアのジャーナリスト達にも、もっと来たくなる映画祭になるのではないだろうか。

 もう一つ、授賞式について苦言を。日本人のセレモニー好きは分かるが、来賓の祝辞や総評などで式を無駄に長引かせるのはやめてもらいたい。そして、式が長いからといって、受賞者にスピーチの時間を十分に与えないのは本末転倒である。映画祭の最高のスターは受賞者なのだ。壇上でスポットライトを浴びるのは受賞者であって、主催者が彼らの前に立つのは失礼だ。

 写真(上)はグランプリと監督賞を受賞したドヴォルツェヴォイ監督(右)と主演のアスハット・クチンチレコフ。
 写真(下)は観客賞とアース・グランプリの審査員賞をダブル受賞した前田哲監督。右端に置かれた箱は「ブタがいた教室」に出演した子供たちから贈られた手作りの賞。

 

【受賞結果】
コンペティション部門
 東京サクラ・グランプリ:「トルパン」セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ監督(カザフスタン)
 審査員特別賞:「アンナと過ごした4日間」イエジー・スコリモフスキ監督(ポーランド)
 監督賞:セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ監督
 男優賞:ヴァンサン・カッセル「パブリック・エネミー・ナンバー1」(フランス)
 女優賞:フェリシテ・ウワシー「がんばればいいこともある」(フランス)
 芸術貢献賞:「がんばればいいこともある」フランソワ・デュペイロン監督
 観客賞:「ブタがいた教室」前田哲監督

<アジアの風>部門
 アジア映画賞:「私のマーロンとブランド」フセイン・カラベイ監督(トルコ)

<日本映画ある視点>部門
 作品賞:「buy a suit」市川準監督
 特別賞:岸部一徳「大阪ハムレット」
 黒澤明賞:ニキータ・ミハルコフ監督、陳凱歌監督

アース・グランプリ
 大賞:「フェデリコ親父とサクラの木」ホセ・アントニオ・キロス監督
 審査員賞:「ブタがいた教室」前田哲監督
 特別賞:「ミーアキャット」ジェームズ・ハニーボーン監督

(斎藤敦子)