シネマに包まれて-映画祭報告

presented by 河北新報

(8完)金獅子賞に『レバノン』

2009/09/13

 9月12日の夜、授賞式が行われました。今年は皆の意見が一致するような、飛び抜けて強い作品がなく、予想が難しかったのですが、審査員長アン・リー以下、リリアーナ・カヴァーニ、セルゲイ・ボドロフ、ジョー・ダンテ、サンドリーヌ・ボネールら審査員がトップに選んだのは、テーマ性の強い、政治的な作品でした。

 金獅子賞となったイスラエルの『レバノン』は、1982年のイスラエル軍によるレバノン侵攻に参加した監督自身の経験を映画化したもので、人を殺すことが悪いことだとわかっている普通の人間に人を殺させる戦争の残酷さがテーマ。銀獅子賞のシリン・ネシャット監督はアメリカ在住のイラン人アーティストで、イランで軍事クーデタが起こった1953年を舞台に、イスラムの男性社会の中で自由を求める4人の女性の姿を描いた作品。音楽を坂本龍一さんが担当しています。

 今年、プレスの意見が一致した賞は、男優賞のコリン・ファース。『シングル・マン』は、クリストファー・イッシャーウッド(映画『キャバレー』の原作者)の小説を、元グッチのデザイナー、トム・フォードが初監督した作品で、インテリで皮肉屋の同性愛者の大学教授を見事に演じていました。

 残念ながら、私が好きだったクレール・ドゥニやジャック・リヴェット、ブリヤンテ・メンドーサの作品は賞から漏れてしまいました。これは新人顕彰を目的とした昨今の映画祭では、既に名前が広く知られたベテラン監督は、よほどのことがないと受賞することが難しくなっている現状を反映したものでしょう。

 ただし、メンドーサに代わって、オリゾンティ部門に出品されたフィリピンの若いぺぺ・ディオクノ監督の『衝突』が、オリゾンティ賞と新人監督賞をダブル受賞したことは、メンドーサだけが突出しているのではない、フィリピン映画界自体の活力の復活を感じさせられました。

<受賞結果>
コンペティション部門

金獅子賞:『レバノン』監督サミュエル・マオズ

銀獅子賞(監督賞):シリン・ネシャット監督、『男なしの女達』

審査員特別賞:『ソウル・キッチン』ファティ・アキン

ヴォルピ杯(男優賞):コリン・ファース
         『シングル・マン』監督トム・フォード

     (女優賞):クセニア・ラポポート
         『対の時間』監督ジュゼッペ・カポトンディ

マストロヤンニ賞(新人俳優賞):ヤスミン・トリンカ
         『大いなる夢』監督ミケーレ・プラチド

オゼッラ賞(美術賞):シルヴィー・オリヴェ
         『ミスター・ノーバディ』監督ジャコ・ヴァン・ドルマル

     (脚本賞):トッド・ソロンズ
           『戦時の生活』監督トッド・ソロンズ

未来の獅子賞(新人監督賞):『エンクウェントロ(衝突)』監督ペペ・ディオクノ

コントロカンポ・イタリアーノ賞:『宇宙飛行士』監督スサンナ・ニキャレッリ

短編コンペティション部門
最優秀作品賞:『最初の子』監督エチエンヌ・カロス
ヨーロッパ映画賞:『罪人』監督メニ・フィリップ

オリゾンティ部門
オリゾンティ賞:『エンクウェントロ』監督ペペ・ディオクノ
ドキュメンタリー賞:『1428』監督ドゥ・ハイビン


Venezia2009-Winners 007.jpgのサムネール画像のサムネール画像

Venezia2009-Winners 022.jpgのサムネール画像のサムネール画像
Venezia2009-Winners 029.jpgのサムネール画像
Venezia2009-Winners 046.jpgのサムネール画像
Venezia2009-Winners 067.jpgのサムネール画像

Venezia2009-Winners 078.jpgのサムネール画像

Venezia2009-Winners 097.jpgのサムネール画像
写真は上から
・審査員長のアン・リーと脚本賞のトッド・ソロンズ
・新人賞のヤスミン・トリンカ
・女優賞のクセニア・ラポポート
・男優賞のコリン・ファース
・審査員特別賞のファティ・アキン
・監督賞のシリン・ネシャット
・金獅子賞のサミュエル・マオズ

(齋藤敦子)