シネマに包まれて-映画祭報告

presented by 河北新報

(1)林ディレクターに聞く 「10回目はミラクル」

2009/11/21

Filmex2009-001.jpg 11月21日から、10周年を迎えた東京フィルメックスが開催されます。10回を記念して、今年はさまざまなイベントが企画されています。昨年に引き続き、ディレクターの林加奈子さんに今年の見所などをうかがってみました。

―まず10回目の意気込みから。

 林「フィルメックス10回の軌跡は、ある意味、ミラクルの"奇跡"なんです。1回1回積み重ねてきて、よく10回まで続いてきたなと思いますね。フィルメックスはスタッフが変わってないので、前の年にできなかったことを、運営の問題や広報のやり方などを少しずつ継続的に改善しながら歩んできました。また、毎年百人弱くらいのボランティア・スタッフに手伝ってもらっているんですが、経験者の方が何人もいて、その人達の経験も力になっているし、観客の目で問題点を指摘してもらったり、そういうことの積み重ねで成り立ってきたと思います」

―今年は10周年記念ということで、"韓国映画ショーケース"のような新しい試みもありますが。

 林「今年は、まずプレイベントとして、会期前に"東京フィルメックスの軌跡"と題して、今まで賞をとった作品で上映可能なものを集めて上映しました。それと初日の大イベント、神田駿河台の明治大学アカデミーホールという1000人ちょっと入る会場で、"映画の未来へ"と題したシンポジウムを行います。まず、北野武さんを講師とした映画のマスタークラス。そして、北野さんに劣らず国際的に活躍している黒沢清さん、是枝裕和さん、寺島進さん、西島秀俊さん、スケジュール調整するだけでも大変な人達ですが、彼らに来ていただき、この10年を話していただこうと思います。フィルメックスの10年の軌跡とは、つまりは21世紀になってからの10年で、映画的にも、素材がデジタルにどんどん変わっていったり、前からあった製作委員会方式が、『トウキョウソナタ』や『空気人形』のように、海外の資本が入って共同製作の形へと進化していったり、大きな変化がありました。ワールドセールスも含めて、ここ10年で日本映画はかなり大きく変化したと思います。それを軸に、それぞれの視点からお話いただきたいと思っています。
今はシネコンやDVDで映画がいつでも誰でも見られるようになって、80年代のミニシアターの時代とは映画を取り巻く環境がまったく変わってきました。ところが、若い人達には逆に映画があまり身近なものではなくなっているのではないか。としたら、映画に魅せられるきっかけ作りというか、映画って面白いなと思う初めの一歩をどういう風に作っていくのかを考えることは、映画の未来にとって、すごく大事なことだと思うんです。寺島進さんは映画にこだわりを持っていて、何年間か前まではテレビにはまったく出てなかった人です。でも、もしテレビやコマーシャルに出ることで人気が出て、あの人が出ている映画なら見てみようと、人が映画に戻ってくれるんだったら、テレビでも何でも出てやろうという覚悟ができて、それでテレビやコマーシャルに出るようになった。西島さんもそうです。彼も、朝ドラや普通の商業映画に出ながら、あるところでは非常にこだわりを持ってインディペンデントの映画に出たり、ご自身も積極的に映画を見ていたりしている。単にアクターというよりも意識の高い人達なんです」

―役所広司さんもそうですね。

 林「そうです。私は『ガマの油』は今年の収穫の1本だと思っています。役所さんは数々の名監督の現場を経験し、すべてをちゃんと吸収していた人だったというのが本当にすごいと思いました」

―映画祭は映画ファンが最初に集まるところですが、この10年で観客の変化を感じることがありますか。それとも毎年同じ固定ファンがついている? 

 林「80年代のミニシアターで洗礼を受けた固定的なファンはいます。一般のお客さんですが、お互いに顔見知りになっていて、見た後で「面白かったよ」とか感想を言ってくれる、そういう人達は、ある程度は必ず来てくれます。ただ、フィルメックスは同じような映画ばかりやっているわけではなく、『愛のむきだし』もやれば、インドの歌って踊るミュージカルもやる。今年は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』をやるので、松田翔太と高良健吾をナマで見たいという高校生たちが来てくれるでしょう。去年、『愛のむきだし』を見に来てくれた高校生が、アンケートに上映後のQ&Aが熱い感じで面白かったから他の映画も見てみたいとか、来年も来てみたいと書いてくれたり。何の前情報もない映画を見るサプライズの楽しさ、それがフェスティバルなんだと若い人に理解してもらえるきっかけ作りになればと思います。それで、数年前から学生券を導入したんですが、高校生や大学生にはなかなか映画に興味を持ってもらえない、時代的な危機感がありますね」

―前情報がなくサプライズでといっても、フィルメックスに出ている映画なら全部見ようというのは固定ファンに限られますよね。観客を広げるという意味ではセレクションが重要になるのでは?

 林「ただ、観客を広げるために妥協することは絶対にありません。イケメンが出ている、ウェルメイドな、わかりやすい映画と、何が何だかわからないが、すごい映画があるとしたら、迷わず後者を選びます。そこは筋を通したいですね」

―では、妥協のない今年のセレクションについて。

 林「今年は、といっても毎年同じことを言ってるんですが、今年は凄いです。コンペティションにデビュー作が3本も入っています。イスラエルの『天国の七分間』はその1本で、去年も一昨年もイスラエル映画がグランプリを獲っていて、市山(プログラム・ディレクター)曰く"今イスラエルには映画の神が降りている"というくらい。イスラエルは年間製作本数がせいぜい2、30本なのに、すごい映画がどんどん出てきています。マレーシアの『セルアウト!』はミュージカル仕立てのブラックコメディですが、これもデビュー作です。映画の選考は私と市山でするんですが、これは普通だよね、というものは入らないんです。二人がひっかかりを感じる、これはうちでやらないとダメだよね、という10本になる。韓国の『息もできない』もそうです。これは、ロッテルダム映画祭あたりからずっと追いかけて、ようやく出品OKをとった後で日本の公開が決まりました。この作品もデビュー作です」

―面白いけれど日本の配給には乗りにくい、そういう難しいけど面白い映画を選んでくるところがフィルメックスの真骨頂ですね。

(11月11日、赤坂の映画祭事務局にて)

(齋藤敦子)