シネマに包まれて-映画祭報告

presented by 河北新報

(4完)最優秀作品賞に『息もできない』

2009/11/29

 29日の正午から、審査員の記者会見が開かれ、受賞作が以下のように発表になりました。

FILMeX 2 023.jpg  最優秀作品賞を獲得した『息もできない』は、俳優だったヤン・イクチュンの監督デビュー作で、製作・脚本・編集・主演をも兼ねた手作り感覚のインディーズ作品。父親の暴力のせいで母と妹を亡くし、父親を赦すことが出来ずに非情な借金取り立て屋をしている主人公サンフンと、家にも学校にも居場所のない女子高生ヨニが出会い、次第に心を通わせていく様を描いた切ないラブストーリーです。監督自身も家族の問題を抱えていて、やむにやまれぬ思いで、疎遠だった父親に借金してまで映画化した作品ということで、その切実で熱い思いが映画に滲み出た、胸を打つ感動作になっていて、審査員と観客の両方から支持されたのは当然だと思います。ロッテルダム映画祭のタイガー・アワード他、各地の映画祭で受賞している今年の収穫の1本でもあります。

 審査員特別賞の『ペルシャ猫を誰も知らない』は、カンヌのある視点部門の特別賞を受賞しており、今年のカンヌの欄でも紹介しましたが、自由な音楽活動が禁止されているイランで、ロックやラップで自分を表現しようとする若者達を描いたドキュメンタリータッチの青春群像劇です。今回、改めて見てみると、ゴバディ監督の体制批判以上に、登場するミュージシャン達の音楽に対する真摯な姿にとても感動しました。

FILMeX 4 034.jpg ただ、ヤン監督もゴバディ監督も授賞式に来ることができず、映画祭が寂しい閉幕になったのが少し残念でした。

 今年はコンペティションにエントリーした10作品のうちの6本は、すでにカンヌとヴェネチア映画祭で上映されており、この欄でレポート済みだった作品もあるうえ、仕事が重なったのとで、思ったように映画を見ることが出来ませんでした。日常生活を続けながら映画祭に通うことの難しさを感じると共に、それでも大勢の観客が朝日ホールに足を運んでいるのを見て、フィルメックスが東京の映画ファンの中にしっかり根をおろしていることを再確認しました。

【受賞結果】
 最優秀作品賞:『息もできない』ヤン・イクチュン監督(韓国)
 審査員特別賞:『ペルシャ猫を誰も知らない』バフマン・ゴバディ監督(イラン)
 観客賞:『息もできない』

 写真上は、『息もできない』上映後のQ&Aの模様で、ヤン・イクチュン監督(左)と、ヨニの弟を演じたイ・ファンさん。
 写真下は、審査員記者会見後の記念写真で、左からトロント映画祭プログラマーのジョアヴァンナ・フルヴィさん、ロウ・イエ監督、審査員長の崔洋一監督、女優のチェン・シャンチーさん、シネマテーク・フランセーズのジャン=フランソワ・ロジェさんです。

(齋藤敦子)