シネマに包まれて-映画祭報告

presented by 河北新報

(8完)金獅子賞にコッポラ監督の「サムウェア」

2010/09/12

    

Venezia2010_245.jpg 最後に驚きが待っていました。タランティーノを長とする審査員団が金獅子賞に選んだのはソフィア・コッポラ=写真=の『サムウェア』。名前が呼ばれた瞬間、記者会見場で授賞式の生中継を見ていたプレスの間からブーイングの声があがりました。

 『サムウェア』は、ソフィアの個性が光る感じのいい小品ですが、イエジー・スコリモフスキやアレックス・デ・ラ・イグレシアの作品を抑えて金獅子賞という評価に納得のいかない人も多かったと思います。監督賞と脚本賞を受賞したイグレシアは手放しで喜んでいましたが、審査員特別賞と男優賞(ヴィンセント・ギャロ)のスコリモフスキは、"狙っていた賞は1つ(金獅子賞)だけ"と、ちょっと憮然としていました。

 下馬評が最も高く、私も金獅子賞を確信していた王兵の『溝』が無冠に終わったのは非常に残念でした。中国当局の反発を覚悟でコンペにエントリーさせたヴェネチア映画祭も同様だったようです。

 実は、初日の審査員記者会見で、ある記者からイランのジャファール・パナヒへのコメントを求められたタランティーノが、"政治的な発言はしない"と答えたのが私はとても気になっていました。パナヒの問題は政治的などではなく、映画作家の表現の自由への政治の干渉として、個々の映画人が自分の問題として受け取り、プロテストすべきものだからです。このレポートの(2)に引用したパナヒからの感動的な声明に対する返答としては、あまりにも冷たく、浅いと思いました。タランティーノが、もし、王兵の『溝』に対しても、パナヒに見せたような浅薄な考えから評価を下したのだとしたら、映画作家としてはともかく、人間としての資質には疑問を持たざるを得ないと思いました。

 私が個人的に嬉しかったのは、ギリシャの女性監督アティナ・ラシェル・ツァンガリの『アッテンバーグ』で主演を演じたアリアーヌ・ラベドが女優賞を受けたことでした。『アッテンバーグ』は思春期から大人の女になろうとする娘が、たった一人の女友達を相手に周囲の世界を知ろうとする様子と、死んでいく父親との関係を綴った作品です。特に友人も作らず、家族もおらず、社会の中で孤立した父娘の世界が、シンプルな表現の中に痛々しいまでに濃密に描かれていて、今年のコンペの作品で最も心を動かされた映画でした。

 

 ▽ヴェネチア映画祭2010受賞結果

金獅子賞(最優秀作品賞):『サムウェア』監督ソフィア・コッポラ
銀獅子賞(最優秀監督賞):アレックス・デ・ラ・イグレシア 『トランペットの悲しいバラード』

審査員特別賞:『エッセンシャル・キリング』監督 イエジー・スコリモフスキ

ヴォルピ杯男優賞:ヴィンセント・ギャロ 『エッセンシャル・キリング』

ヴォルピ杯女優賞:アリアーヌ・ラベド 『アッテンバーグ』 監督アティナ・ラシェル・ツァンガリ

マストロヤンニ賞(新人俳優賞):ミラ・クニス 『ブラック・スワン』監督ダーレン・アロノフスキー

オゼッラ賞(撮影賞):ミハイル・クリシュマン 『サイレント・ソウルズ』監督アレクセイ・フェドルチェンコ                         

オゼッラ賞(脚本賞):アレックス・デ・ラ・イグレシア 『トランペットの悲しいバラード』

特別獅子賞:モンテ・ヘルマン これまでのすべての作品に対して

 
20100912_05.jpg監督賞と脚本賞のアレックス・デ・ラ・イグレシア



20100912_04.jpg審査員特別賞のイエジー・スコリモフスキ



20100912_03.jpg特別獅子賞のモンテ・ヘルマン


20100912_02.jpg女優賞のアリアーヌ・ラベド


20100912_01.jpg 撮影賞の『サイレント・ソウルズ』の監督
アレクセイ・フェドルチェンコ
 
(齋藤敦子)