シネマに包まれて-映画祭報告

presented by 河北新報

(5・完)金熊賞に「息子の態度」/ルーマニアの腐敗描く

2013/02/18

child'pose.jpg
 今回は授賞式を待たずにベルリンを後にし、帰国してからニュースで受賞結果を知ったのですが、改めて映画祭の不思議さを思いました。

 金熊賞の『息子の態度』は、猛スピードで前の車を追い越そうとして飛び出してきた子供を轢き殺してしまった息子を救おうと奔走する過保護な母親の姿を描いたもの。建築家として成功し、ブルジョア階級に属する母親は、成人した息子に嫌われながらも、コネを活用して警察に圧力をかけ、証人を買収して証言を変えさせ、被害者の家族に見舞金を支払って示談で済ませようとします。

 監督のカリン・ペーター・ネッツァーが描こうとしたのは、民主化後の現代ルーマニア社会の腐敗でしょうが、子供を殺されて悲嘆にくれる被害者の親に「あなたには息子がもう1人いるが、私にはこの子しかいない」と言い放つ場面には本当に胸が悪くなりました。いわゆるルーマニア・ニューウェーヴに属する1本ですが、クリスティアン・ムンジウなどに比べると、ちょっと劣る気がします。

 審査員大賞と男優賞の『クズ鉄拾いの人生の1エピソード』は、ボスニア=エルツェゴビナの寒村に住むロマ人(ジプシー)の家族が主人公。クズ鉄拾いで貧しい家計を支えている夫が、妊娠中の妻のお腹の子供が死んでしまい、保険もなく、手術の費用を捻出するために奔走する姿を描いています。出演しているのは俳優ではなく、本物のロマ人の家族で、まるでイタリアのネオリアリズムを思わせる作品ですが、エミール・クストリッツァの映画に登場する猥雑でバイタリティーに溢れるロマ人とは別人のように清廉な家族に違和感を覚えたのも事実です。

 監督賞の『プリンス・アヴァランチ』は、山火事で燃え尽きた地帯で道路を補修する仕事を引き受けた男(ポール・ラッド)が、別れた恋人の弟(エミール・ハーシュ)と一緒に過ごす夏を描いた作品。よく出来たインディーズ映画ですが、ベルリンのコンペというより、サンダンス映画祭あたりの方が向いている気がしました。

 今年の拾いものだったカザフスタンのエミール・バイガジン監督『ハーモニー・レッスン』は、いじめにあった少年が、いじめっ子の少年を殺してしまうまでをミニマルなスタイルで描いた寓話的な作品で、撮影監督が芸術貢献賞を受けました。

 次点になった『レイラ・フォーリー』は、嘘発見器の講習を受け、人材採用の試験官になったシングルマザーのレイラ・フォーリーが、最初の任地に向かう途中、交通事故で人を殺してしまい、自分自身が嘘をつく立場になって起こるドラマを描いたもの。女性監督のピア・マライスはドイツ人ですが、生まれ故郷の南アに戻って撮った作品で、テーマはとても面白かったものの、演出に物足りなさを感じました。

 コンペ部門で私が最も好きだったのは、ホン・サンス監督の『誰の娘でもないヘウォン』でした。主人公はヘウォンという女子大生で、不倫中の映画監督との関係を清算し、米国で教授をしている男との結婚を考えるものの、やっぱり元の鞘に戻ってしまう、というお馴染みのストーリー。ホン・サンス映画の面白さはストーリーにあるのではなく、その語り方にあり、立場や状況の差で生じる違いを楽しむような作りになっています。今回も主人公がソウル郊外にある南韓山城に2度ハイキングに行くのですが、1度目と2度目では登場人物たちの関係がまったく違ってみえるのが、さすがホン・サンスだと感心しました。

 写真は「息子の態度」の1シーンです。
●コンペ部門受賞結果

金熊賞:『子供の態度』

    監督カリン・ペーター・ネッツァー(ルーマニア)

審査員大賞:『クズ鉄拾いの人生の1エピソード』

    監督ダニス・タノヴィッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

アフルレッド・バウアー賞:『ヴィク+フロは熊を見た』

    監督ドゥニ・コテ(カナダ)

監督賞:デヴィッド・ゴードン・グリーン

    『プリンス・アヴァランチ』(アメリカ)

女優賞:パウリーナ・ガルシア

   『グロリア』監督セバスチャン・レリオ(チリ)

男優賞:ナジフ・ムジッチ

   『クズ鉄拾い―』監督ダニス・タノヴィッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

脚本賞:ジャファル・パナヒ

  『閉じたカーテン』監督ジャファル・パナヒ&カンボズィヤ・パルトヴィ(イラン)

芸術貢献賞:アジズ・ザンバキエフ

 『ハーモニー・レッスン』監督エミール・バイガジン(カザフスタン)の撮影に対して

次点:『約束の土地』監督ガス・ヴァン・サント(アメリカ)

次点:『レイラ・フォーリー』監督ピア・マライス(南アフリカ&ドイツ)

(齋藤敦子)