シネマに包まれて-映画祭報告

presented by 河北新報

(5・完)12年かけて成長を追う/監督賞に「少年期」のリチャード・リンクレイター

2014/02/18

2014berlin_p_05_01.jpg 15日の夜、授賞式が行われ、既報の通り、黒木華さんが女優賞を獲得、審査員のクリストフ・ヴァルツからトロフィーを授与されました。2010年に若松孝二監督の『キャタピラー』で同賞を受けた寺島しのぶさん以来4年ぶり、日本の俳優としては4人目の受賞です。

 今年の審査員はアン・リー監督の『ブロークバック・マウンテン』などのプロデューサー、ジェームズ・シェイマスを長として、監督のミッシェル・ゴンドリー、俳優のトニー・レオン、クリストフ・ヴァルツら8名。気になったのは主催国のドイツ人が一人もいないことで(ヴァルツはオーストリア人)、4本をコンペにエントリーしたドイツに多少不利だったのではないかと思いました。

 金熊賞の『白日焔火』は、炭坑の町で起こったバラバラ殺人事件を捜査する刑事と、事件の鍵を握る女との関係を描いたもの。映画は普通の謎解きミステリーのようには進んでいかず、中国の地方都市の閉塞感を描くことが監督の意図だったように思いました。中国映画はもう1本、南京のマッサージ院で働く盲人たちを描いたロウ・イエ監督の『推拿』で、"盲人のヴィジョン"を映像で表そうとした撮影監督のツォン・ジエンに芸術貢献賞が贈られました。

2014berlin_p_05_02.jpg 今年6月で92歳になる名匠アラン・レネ監督の『愛し、飲み、歌い』は、93年の『スモーキング/ノースモーキング』、06年の『六つの心』に次ぐアラン・エイクボーンの戯曲の3度目の映画化(戯曲のタイトルは『ライリーの人生』で、フランス語のタイトルはシュトラウスのワルツから)。"ジョージ・ライリー"という共通の友人をめぐって、3組のカップルの過去の恋愛関係や、それぞれの思惑が明らかになっていくという喜劇です。レネは、書き割りのようなセットを使って、芝居のようでもあり、現実のようでもある摩訶不思議な世界を生み出していました。

 監督賞のリチャード・リンクレイター『少年期』は、一人の少年の5歳から18歳までを、実際の少年の成長に合わせて12年かけて撮影した作品。主人公の少年をイラー・コルトレーン、父をイーサン・ホーク、母をパトリシア・アークェット、姉をリンクレイターの実娘ローレライが演じています。物語は完全なフィクションですが、実時間の持つドキュメンタリー的な要素が加わって、とても面白い映画になっていました。こんな仰天のアイデアを思いつくだけでなく、実際に映画に撮ってしまうリンクレイターには本当に脱帽です。

 今年のコンペ部門は本数が多かったわりにレベルが低かったように思います。リンクレイターの『少年期』を始め、ドイツ映画の『ジャック』、オーストリア映画の『マコンド』、アルゼンチン映画の『第三の川岸』(ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス監督の『第三の岸辺』とは無関係)など、思春期の少年を主人公にした作品が目立ったなかで、最年長のアラン・レネが最も若々しく、最も大人の映画を見せてくれたことに感動しました。

 写真上は、芸術貢献賞を受賞したロウ・イエ監督『推拿』の記者会見のときの模様。
 写真下は、監督賞のリチャード・リンクレイター監督です。


【受賞結果】
●コンペティション部門
金熊賞(作品賞):『白日焔火』ディアオ・イーナン監督(中国)
銀熊賞 審査員大賞:『グランド・ブタペスト・ホテル』ウェス・アンダーソン監督(米国)
アルフレッド・バウワー賞:『愛し、飲み、歌い』アラン・レネ監督(フランス)
監督賞:リチャード・リンクレイター『少年期』(米国)
女優賞:黒木華 『小さいおうち』山田洋次監督(日本)
男優賞:リャオ・ファン『白日焔火』(中国)
脚本賞:ディートリヒ・ブリュッゲマン、アンナ・ブリュッゲマン
『十字架の位置』ディートリヒ・ブリュッゲマン監督(ドイツ)
芸術貢献賞:ツォン・ジエン ロウ・イエ監督『推拿』の撮影に対して

●ジェネレーション部門(子供審査員による)
クリスタル・ベア賞:『砦』アビナシュ・アルン監督(インド)
次点:『人の望みの喜びよ』杉田真一監督(日本)

●国際映画批評家連盟賞(FIPRESCI)
コンペティション部門:『愛し、飲み、歌い』アラン・レネ監督(フランス)
パノラマ部門:『彼の見方』ダニエル・リベイロ監督(ブラジル)
フォーラム部門:『FORMA』坂本あゆみ監督(日本)

(齋藤敦子)