シネマに包まれて-映画祭報告

presented by 河北新報

(5・完)反骨の人、パナヒ監督の「タクシー」に金熊賞

2015/02/16

2015berlin_p_05_01.jpg 14日の夜、授賞式が行われ、ジャファル・パナヒ監督の『タクシー』が金熊賞を受賞しました。パナヒ監督としては2013年に『閉ざされたカーテン』で脚本賞を受賞したのに続く受賞です。2010年にイラン当局に反政府活動を支持したという理由で逮捕拘束され、現在も映画製作や国外への移動に制限を受けている監督は今回もベルリンに来られず、代わって監督の姪がトロフィーを受けました。映画製作を禁じられたら『これは映画ではない』という映画を撮る、援助が受けられなければ低予算での映画作りを模索する、権力に屈しない反骨の人、パナヒ監督の受賞を心から喜びたいと思います。

 また『タクシー』と並んで評価の高かったアンドリュー・ヘイ監督の『45年』の両ベテラン俳優が男女優賞を分け合いました。

 私が好きだった中南米の3作品がそれぞれ賞に絡んだのは嬉しかったものの、監督賞と芸術貢献賞がそれぞれダブル受賞となったり、受賞作が多い印象があるのは、今年のコンペ部門に飛び抜けて強い作品がなく、審査が割れたことを表しているように思います。

2015berlin_p_05_02.jpg SABU監督の『天の茶助』は"望めば運命は変えられる"という映画のメッセージは好意的に受け入れられたものの、コンペの力作と並ぶと少し見劣りがしました。SABU監督はまだコンペ初挑戦ですし、次回に期待したいと思います。

 『天の茶助』と同じ最終日に上映されたベトナムのファン・ダン・ディ監督『大きい父さん、小さい父さんとその他の物語』を面白く見ました。90年代末のサイゴンを舞台に、写真を学ぶ学生がルームシェアする美青年を好きになってしまうという物語。ファン監督は『ノルウェイの森』のトラン・アン・ユン監督より14歳若く、フランスに移住し映画を学んだトラン監督と違って、ハノイで映画を学んだ方ですが、映像が非常に洗練されているのに驚きました。ベトナム・ニューウェーブを代表する監督だそうで(ベトナムにニューウェーブがあるのも初耳でした)、男男女の三角関係がリリカルに描かれ、ちょっとアピチャッポン・ウィーラセタクン監督を連想しました。賞は逸しましたが、次の作品をぜひ見てみたいと思わせる新しい才能の発見でした。

 写真上は『天の茶助』の記者会見の模様で、左から市山尚三プロデューサー、茶助の運命の人を演じた大野いとさん、SABU監督、主演の松山ケンイチさん。

 写真下は『大きい父さん、小さい父さんとその他の物語』の記者会見で、左から監督の分身である主人公の学生を演じたレ・コン・ホアンさん、ファン・ダン・ディ監督、1か月で7キロ減量してバレリーナを演じたド・ティ・ハイ・エンさん。

【受賞結果】

金熊賞(最優秀作品賞):『タクシー』監督ジャファル・パナヒ(イラン)
銀熊賞 審査員大賞:『ザ・クラブ』監督パブロ・ラライン(チリ)
    アルフレッド・バウワー賞:『イクスカヌル火山』
                 監督ハイロ・ブスタマンテ(グアテマラ)
    監督賞:ラドゥ・ジュデ監督『アフェリム!』(ルーマニア)
        マルゴジャータ・シュモウスカ監督『体』(ポーランド)
    女優賞:シャーロット・ランプリング『45年』
               監督アンドリュー・ヘイ(イギリス)
    男優賞:トム・コートニー『45年』
    脚本賞:パトリシオ・グスマン『真珠貝のボタン』(チリ)
    芸術貢献賞:ストゥーラ・ブラント・グローヴレン
      『ヴィクトリア』監督セバスチャン・スキッパー(ドイツ)の撮影に対して
       エフゲニー・プリヴィン&セルゲイ・ミハルチュク
      『電気雲の下で』監督アレクセイ・ゲルマンJr(ロシア)の撮影に対して

(齋藤敦子)