シネマに包まれて-映画祭報告

presented by 河北新報

(2)審査員の過半数が俳優/委員長は「マッドマックス」のミラー監督

2016/05/14

2016_02_01cannes_photo.jpg 今年の審査員長は、昨年のカンヌの特別招待作品で、アカデミー賞を始め数々の賞に輝いた『マッドマックス 怒りのデスロード』のジョージ・ミラー監督。審査員は、監督のアルノー・デプレシャン、ネメシュ・ラースロー、男優のマッツ・ミケルセン、ドナルド・サザーランド、女優のヴァレリア・ゴリーノ、キルステン・2016_02_02cannes_photo.jpgダンスト、女優で歌手のヴァネッサ・パラディ、イランの女性プロデューサー、カタヨーン・シャハビ。最近の傾向を反映し、俳優が5人と過半数を超えた、スターの多い顔ぶれになっています。

 今年のポスターは、黄色を基調に、ジャン=リュック・ゴダールの『軽蔑』に登場する超モダンな建物をコラージュしたもの。この建物はイタリアの作家クルツィオ・マラパルテが自身の設計で建てた別荘で、カプリ島の岬の突端にあるそうですが、1957年にマラパルテが死去した後、人手に渡り、現在は私邸になっているとか。友人の友人の話によれば、本当かウソか、共産党シンパだったマラパルテは遺言でこの別荘を中国共産党に遺贈したのだそうです。

 写真上は、審査員記者会見の模様で、審査員長のジョージ・ミラー監督とヴァネッサ・パラディ。ヴァネッサと前夫で俳優のジョニー・デップとの間に生まれた娘リリー=ローズ・デップがイサドラ・ダンカン役で出演した『ダンサー』という作品がある視点で上映され、話題になっています。

 写真下は、今年のポスターを壁に使ったパレ・ド・フェスティバルの正面入口です。

(齋藤敦子)