« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月18日

かほく「108」ファンド 助成7団体を決定

0518.jpg かほく「108」クラブは5月16日、仙台市の河北新報本社で平成19年度かほく「108」ファンド助成団体審査会=写真=を開き、7団体に計99万円を贈ることを決めました。
 この活動は当クラブの柱の一つである「地域社会の発展に寄与する寄付活動の推進」を目指す一環として初めて取り組みました。 
 今回は「子ども」をテーマに、宮城県内で子どもにかかわる活動を展開する団体を対象に募集しました。助成総額は100万円で一件当たりの上限は20万円。ファンドには36団体が応募。書類審査を通過した12団体によるプレゼンテーションが同日、行われました。助成団体は次の通り。
 紙芝居屋ももたろう(仙台市)▽おはなしてんとうむし(同)▽宮城点訳奉仕会(同)▽名取おもちゃ図書館「ドロップス」(名取市)▽おはなしサークル たんたん(気仙沼市)▽水と緑の環境フォーラム・ものう(石巻市)▽あじ島冒険楽校(同)