« 2013年10月 | メイン | 2014年2月 »

2013年12月27日

年末年始の支援物資を100世帯に贈る

 東日本大震災の被災者に支援物資を贈りました。昨年に続き2度目です。

 宮城県内で困難な生活者を支援する「NPO法人ふうどばんく東北AGAIN」の協力で、紹介していただいた仙台市太白区のあすと長町や宮城野区扇町、石巻市、女川町の仮設住宅や地域に住む被災100世帯に直接届けてもらいました。被災者に最も喜ばれる食料品はコメということで、5㌔のコメと保存の利く海産物などのセット(1世帯5000円相当)です。被災地の業者への応援も兼ねて、震災で大きな被害を受けた気仙沼市の武山米店より購入。保存の利く海産物などを気仙沼市や石巻市、南三陸町より仕入れました。

東北AGAINによると、年末に向けて相談電話が増えていると言います。「ある仮設住宅に住む方から、震災で車と仕事を失ったが、地域の目があり生活保護の申請ができない」「高校生の息子が弁当の中身で家庭の経済事情が分かってしまうので、一人隠れて食べている」-などの内容で、大変つらい生活をしている方々まだまだが多いようです。

今回、武山米店から「多くの方々の応援や支援で、今できることを少しずつ積み重ねています。本当にありがとうございます」とのお礼の手紙を頂きました。ささやかな支援ではありますが、少しでも被災地・被災者の皆さまのお役に立ち、穏やかな新年を迎えていただければと思っています。

仕事を終えて.JPG