« 2016年8月 | メイン | 2017年3月 »

2016年10月 7日

ファンド助成団体活動報告

 2016年度のかほく「108」ファンドを贈呈した「マイチの生活デザイン」(宮城大学伊藤真市研究室)の活動を訪れました。

  9月17日(土)に村田町の旧村田第三小学校体育館で、廃校の校舎を活かして地域のコミュニティー復興を目的にした、はらから福祉会ふきのとう主催の村田3周年記念イベント「村田フェスタ」が開催され、マイチの生活デザインは3年連続の参加です。

 今回は「アートワークショップ」のコーナーで、①オリジナルうちわ②缶バッチ③手形アート作りを企画、うちわ作りでは、参加者が空欄にカラフルなペンやスタンプで描き、鮮やかなうちわが出来あがりました。オリジナル缶バッチでは、上手にバッチが出来て飛び跳ねて大喜びをした参加者もいました。手形アートは着色した自分の手形を絵画に仕上げることで想像力を養います。

 オリジナルうちわには「かほく108クラブの助成により制作されています」との記載があり、今回の助成をPRして頂きました。 

 平成23年に設立された「マイチの生活デザイン」は、モノづくりを通じ地域でのコミュニティー形成を目的に、これまで仮設住宅への表札のプレゼントや被災した子どもたちの心と体のケアなどの活動を卒業生と伴に行っています。

 昨年は「かほく『108』クラブ」10周年記念イベントとして、ファンド助成団体を代表してJR長町駅前でアート・インクルージョンに参加し、制作したコマを回すと色が変わって見える不思議体験などで好評を得ました。

267.JPG

        オリジナルのうちわを描く子どもたち  

補正 マイチ看板.jpg

   

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽しさで目を引く看板