政宗450年展をもっと楽しむ

市博の特別展が始まっています。内容が充実で、なかなか見切れません。

少しお役立ち情報を。

・当日券があれば、同日の再入場はOKです。
疲れたら、一階展示室を出て、ちょっとお茶をして、また入ってみるのもありです。
そのためには入場券を無くさないで下さいね。
部屋を出るときにお声がけすると安心です。
もし2階のレストランが混み過ぎていたら、道を渡れば地下鉄国際センター駅二階にカフェスペース があります。
東北大学学食にはハラルがあります。


・図録がおすすめです。
図録は写真のほかに、最新の解説が多分野にわたって載っています。
 政宗について、いま何を読んだらいいかと迷ったら、今回の図録が一番でしょう。
 図録に載る解説は、一冊の本にまとまめる前の最新情報だし、文章量などの理由で本にならないこと もあります。
今回はページ数はたっぷり、紙が少し薄くて値段は抑えられています(と、私は感 じました)。
 これほどの内容が揃うことはまずないし、図録というのは後で入手するのは難し いので、ぜひお求めをおすすめします。


・情報資料室を使おう
展示品や周辺情報についての参考資料が一階の情報資料室にあります。ここの利用は無料、入館券も要りません。
入って左奥です。
 今後政宗について調べたい時、どんな本がいいのか、とりあえずここの書棚を見るのは大いに参考になります。
 もちろん、『伊達治家記録』も『木村宇右衛門覚書』もあります。
 日ごろここに通う手もありますね。


・ギャラリーも利用してね
ここにはマンガの1話から166話までを閉じて2セット、をここに置いておきました。もし歴史上の政宗についてあんまり知らないお友達と行くなら、お役に立つと思います。ギャラリー展「マンガ『独眼竜政宗』-虚実の皮膜にー」は入場無料。
撮影、SNSへのアップもOKです。

gaku-1020.jpg
ギャラリー展のアンケートボックスに、アンケートを頂いています。
(上のシリーズはアンケートボックスにくっつけたアイコンのもと。)
7日と8日のを読みました。ありがとうございます。本当に嬉しいです。
ダントツで留守政景が人気なんですが...。

戦国武将カードのところ、徐々に足していこうと思っているのですが、まだ動けません。なんたって、政宗・成実・小十郎が出ていません。喜多も入れたいし、左馬助、孫兵衛も入れたい。阿南姫も入れたい。磐城御前も入れたい。左門君も入れたい。
...基準が、武功とか石高じゃないんです。どんどん候補の範囲が広がっていきます。
個人的にはお茶漬けのカードくらいの大きさの、武将カードシリーズが欲しいですね。