暮れの仙台市博物館

450年特別展においでになった方、良かったですね!
来られなかった方、それでも、こういう機会に研究はぐっと進むので、きっといいことがあるはず。

特別展示室だけで力尽きた人。
わかります。圧倒的な内容でした。
でも、特別展がすごすぎて押し出して常設展にいいものがたくさん溢れました。
ただいま常設展をゆっくり見るチャンスです。

私のお勧めは摺上原合戦図と人取橋合戦図、これはじっくりよく見たい。

期間的な目玉は12月19日から27日までの、重文 黒漆五枚胴具足。
えーとつまり、政宗の本物の鎧兜です。あれがゆっくり見られます。

※それからお勧めなのが「図録・グッズセール」
過去物の図録、刊行物、オリジナルグッズがすこし安く手に入る。
それから、今市史を買うとなんかオリジナルクリアファイルが付いてくるらしい。

※仙台市博物館は12月28日(木)から3月30日(金)まで、長いお休みに入ります。設備改修工事だって。これは改修してもらって安心してみた方がいいものね。3月31日は土曜日なので開館するのです。

地下鉄ができて、行きやすくなった仙台市博物館です。今年も目いっぱいご覧ください。