義姫の動画「450年の虚実」をアップしました。

https://youtu.be/5L697rkj-HY

仙台市博物館の政宗生誕450年特別展に同時開催のgaku-1229.jpg
マンガ「独眼竜政宗」ー虚実の皮膜にー
ギャラリー室内で流れていた動画です。
会期中はまだアップされていなかったのですが、
おいでになれなかった方も、ぜひご覧ください。
(ちょっと出だしの画像が「輝宗」と重なります)


政宗が生まれて450年とは、義姫が政宗を生んで450年ということ。
もう汚名は払しょくされていいころだと思うのです。
戦国時代の女性の中では比較的資料が残っている義姫ですが、通説より一歩踏み込むと、魅力的な姿が現れます。
ただ、現代的な言い方の「平和を愛する」というのともちょっと印象は違います。
(郡山合戦直前の端午の節句で、息子に鉄砲50挺プレゼントするお母さん)


今年の「市史せんだい」は佐藤憲一氏の論文の中でいわゆる小次郎事件を扱っています。
ただ、もはや売り切れです。
仙台においでの際は、市博の情報資料室や各図書館などでお読みください。


2017年。いろいろありました。

去年の12月24日は、私は再発した乳癌の手術後の、最後の強い抗がん剤の点滴を受けていました。
(クリスマスイブはケーキのほうがいいなあ。)
摘出したがん細胞を分析して、それを叩くための抗がん剤を、ひとりひとりに合わせて設計するって、すごい時代です。
ありがとう医学の進歩。

その後血管がもろくなって血中の水分が細胞に滲出し、体中がむくみました。
鉛筆をしっかり持てず、眼球も膨れて焦点が合わず。
でも、マウスのクリックとスクロールはできました。
それで作ったのが動画『摺上原合戦』です。

「摺上原合戦」 https://youtu.be/BtPjEgOZg8w


文字入力は、右手の一本指でポチポチできました。
ありがとう技術の進歩。
何かを夢中で作るのは、このときの苦しみをやり過ごす力になりました。
それから食事が困難な時には、笹かま、白石温麺に助けられました。
ありがとう宮城の名産。

大和町の講演、Kappoの記事、仙台市博物館の政宗生誕450年記念特別展に伴うギャラリー展、力を振り絞りました。

バックアップ体制を取りつつ、お声がけくださったみなさま、
ありがとうございます。


2018年は、イッ...Indesignに...挑戦だ!