展示と催し 塩釜、丸森、角田

まず塩釜から御紹介。
ただいま鹽竈神社博物館で、後藤孫兵衛信康の大太刀が展示してあります。
誰それ?って、原田左馬助と刎頸の友の孫兵衛です。
第107話 左馬と孫兵衛
以後、何回か出てきています。

新聞の方では1月末から2月初めにかけて左馬助の重要な回があって、そこでこの大太刀が出てきます。
刀身で1.7メートル、外装を入れると2.4メートル、大きすぎて頻繁には展示されることのないこの大太刀が、
現在展示されています。4月まで。
ぜひ鹽竈神社博物館、それから塩釜のいろんなところをおたずねください。
電子版ではまだまだ先だけれど、#179「異相の行軍」の左馬助の姿を載せておきます。
大太刀の由緒考察は河北新報朝刊の2月6日号で。
なお、Wikipediaに書いてあるせいか、文禄の役で京から名護屋に出陣する際、左馬助と孫兵衛が揃いの大太刀で行軍...という話になっているときがありますが、これは間違い。
左馬助と揃いの大太刀で行軍したのは遠藤文七郎宗信です。
↓この左馬助は楽屋用
18-0202gakuya-02.jpg


丸森で 齋理のひな祭り が始まりました。
本当に寒い日々ですが、光の中には春があります。
でもお店で売っているへそ大根は冬の恵み。
両方楽しみましょう。
齋理のひな祭りは4月1日(日)まで。
イベントもいろいろあります。
齋理屋敷のHPからご覧ください。

「政宗逸話の出典は?」3月3日は角田市民センターで歴史講演会
講師が私でして...「政宗逸話の出典は?」として、まず有名な政宗逸話を紹介。そこから、ウソほんとを一歩超えて、もととなったお話と、どんなふうに変わっていったのかを探っていくつもりです。
時代によって期待される政宗像が変わっていくのかもしれません。
午後1時半から90分くらい。
駐車場有。
申し込み不要だけど、お客さんの数はだいたい100人くらいの予定だそうです。
ディスプレイもあるから、動画も使おうかな。(今考えているところ)

私は去年くらいから『あやしい政宗伝説』っていう、48ページくらいの冊子が欲しいと思っていました。逸話と元ネタを比較して、その変化を追う、20項目くらいの小冊子。自分用に書くかなあ、と、Indesignを触りながらぼーっと考え続けています。出版予定などはないです!

角田の講演のタイトルは、「あやしい政宗伝説」じゃ3月3日には不向きなので、ちょっとやさしくしました。
もうちょっと情報が固まったら、再度お知らせします。

これと別に、角田市郷土資料館の企画展 雛人形 は 2月17日(土)から。


いろんな人に、良い春が来てほしいです。