第175話について 

『第175話 大移動 岩出山へ』

石高って何だ
gaku175-01.jpg
gaku175-02.jpg太閤検地で全国の石高が一応算出されるまで、各大名や領主ごとの石高の比較というのはできないわけです。
でも、イメージをつかむために数字が欲しい、という気持ちは私もあります。
それで天正18年、19年の蒲生領の石高をもとに足したり引いたりして過去の数値を概算で出しています。
でも詳しい人は、何だと?と思うでしょう。
蒲生領の石高計算は後で問題になったりするんだよなあ。
というか、現在の日本の統計のようなものではないのです。
あくまでも目安としてみてください。
他の資料と会わなくても仕方ないのです。さいわい領土については政宗生誕450年展の図録から起こすことができました。
本当はアニメで、ぐーっと増えたり減ったりすると(粘菌みたいですね)わかりやすいのですが、並べるというのもいいかもと思って描きました。
領地の変化はひとつの図の上に複数の線で描かれていることが多いのですが、私個人としてはなかなか読み取るのが苦手だったのです。

岩手山から岩出山だったのか

そのように治家記録にあったのでそのまま書いてしまいましたが、菅野さんから岩手沢、岩手山、岩出山の表記がながらく混在していた実例を教えていただきました。
『岩出山町史』通史編上巻をご覧ください。

地名も引っ越す

米沢から岩出山に政宗たちが引っ越すときに、町単位での移住となりました。米沢にも元の町が残り、米沢と岩出山、後には仙台に同じ町の名があります。
お寺さんも引っ越します。
お墓は、現在は普通ひとつですが、中世には一人のお墓がいくつかあることがあります。どれがほんとのお墓か論争の際には、そこは気を付けたいところです。


このマンガでは落涙のシーンはほとんどないのですが、この時の政宗は血涙ならぬ炎の涙を落とします。