楽屋

 現在新しい『仙台市史』が次々に発刊され、歴史学全体も大きく進んでいます。大河ドラマ『独眼竜政宗』時代に覚えた「常識」は塗り替えられています。歴史の専門家でない私が、勉強し直しながら描いているので、いろいろあちこちつまずきます。この、つまずいて、研究者の皆さんから教えていただく内容が、面白い。もったいないので、少しずつここで紹介します。
 マンガならではの限界や、ついやってしまいました!もお話しできれば。

  1. 基本のネタ本
  2. 第1話~第5話について
  3. 第6話~第10話について
  4. 第11話~第16話について
  5. 第17話~第22話について
  6. 第23話について
  7. 第24話について
  8. <番外>模様など
  9. 第25話について
  10. 第26話について
  11. 番外 野馬追ごはん
  12. 第27話について
  13. 第28話について
  14. 第29話について
  15. 番外 祝!「日本の100廃城」に岩切城選出!
  16. 番外 天正二年伊達輝宗の花見 タイサンボクの冒険
  17. 第30話について
  18. 番外 仙台市博物館で特別展!
  19. 第31話について
  20. 番外 「政宗を描くことに悩む」など