トップ> 展覧会> 放浪の天才画家 山下清展

放浪の天才画家 山下清展

イベント画像
《長岡の花火》 貼絵 1950年 ©清美社
イベント画像
《自分の顔》 貼絵 1950年
イベント画像
《パリのエッフェル塔》 水彩画 1961年

放浪の天才画家 山下清の真の姿に迫る

1922(大正11)年、東京の浅草で生まれた山下清は、緻密で繊細な貼絵による独特の世界を確立し、「日本のゴッホ」とも称されました。1971(昭和46)年、49歳の若さでこの世を去るまでの波乱に満ちた生涯は、映画やテレビドラマにも取り上げられ、画家という領域を超え、美術ファンのみならず幅広い層から支持されてきました。

 とはいえ、必ずしもその姿が正確に伝えられているわけではありません。
本展では、彼が何を考え、何を感じながら作品を生み出したのかという視点から、芸術家としての山下清の真の姿に迫ります。生い立ちから貼絵と出合った少年期、山下清の代名詞ともなった「放浪」。放浪の後に画家として活躍し、さまざまな手法に挑戦する姿、そしてヨーロッパを旅し円熟期を迎える晩年までを、代表的な貼絵を中心に、油彩や水彩画、ペン画、陶磁器の絵付けなど約130点の作品を、家族の証言、本人のコメントとともにご紹介します。

電話1本でチケットをお届けします