トップ> 展覧会> 横山華山展

横山華山展

イベント画像
寒山拾得図  ボストン美術館 William Sturgis Bigelow Collection/ Photo(c)2019 MFA, Boston.

横山華山(1781/4~1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した絵師です。諸画派に属さず画壇の潮流に左右されない自由な画風と筆使いで人気を博していました。大正頃までは、著名な画家を記した番付や夏目漱石の作品にも名前が登場するなど世に知られた存在で、海外の研究者やコレクターにも高い評価を受け、欧米の美術館にも優品が多数所蔵されています。
本展には晩年の大作、上下巻あわせて約30mの「祇園祭礼図巻」や東北の地を描いた「紅花屏風」(※展示期間限定)などの代表作に加え、ボストン美術館など海外から里帰りをする作品を含む約120点を展示し、多彩で幅広い華山の画業の全貌をご紹介します。


「祇園祭礼図巻(上巻・部分)天保6‐8(1835‐37)年 個人蔵」

「祇園祭礼図巻(下巻・部分)天保6‐8(1835‐37)年 個人蔵」


「紅花屏風(上:左隻/下:右隻)
 山形美術館・長谷川コレクション(山形県指定有形文化財)」 展示期間:4/27~5/6」


公式ホームページはこちら

電話1本でチケットをお届けします