トップ> 音楽・演劇

音楽・演劇の一覧

イベント画像

東儀秀樹(雅楽師)、古澤巌(ヴァイオリニスト)、coba(アコーディオニスト)による「TFC55」。
ジャンルの異なる同い年のトップアーティスト3人が、感性のままに自由に奏でる唯一無二のサウンドで、聴く人の心を深く震わせませす。
TFCにしか出来ない、新しい音楽エンターテインメントを、ぜひご体験ください。

内容を詳しく見る


イベント画像

Art Garfunkel

米国の伝説的なシンガー、アート・ガーファンクルを迎えて、東北大学フォーシーズンズプログラム2017-2018の第2弾を開催します。
アート・ガーファンクルは幼なじみのポール・サイモンとのデュオ、サイモン&ガーファンクルで1964年にデビュー。「明日に架ける橋」「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボロー・フェア」などの大ヒット曲を次々と送り出しました。その後のソロ活動では歌手のほか俳優としても活躍。1990年にはサイモン&ガーファンクルとしてロックンロールの殿堂入りを果たしています。
 近年、声帯麻痺を患いコンサート活動を中断していた時期もありましたが、奇跡的に声が戻り再びツアーをスタート。今回の公演では自身のヒット曲はもちろん、サイモン&ガーファンクル時代の名曲の数々を披露します。
 甦った「天使の歌声」が誘う至福のひとときをお楽しみください。

★チケット完売しました。
THANK YOU! SOLD OUT!★

内容を詳しく見る


イベント画像

現メンバー(左から):ハロルド’イーバン’ブラウン、ハーバート・マレル、エオリアン・ラブ、ジェイソン・シャープ

フィラデルフィア・ソウルのレジェンドが、遂に仙台に降臨!

スタイリスティックスは1968年結成。名プロデューサー、トム・ベルの力添えにより「スタイリスティックス登場」で1971年アルバム・デビュー。その中から、ダイアナ・ロス&マーヴィン・ゲイのカバーでも知られる「ユー・アー・エブリシング」などがヒットし、一躍、人気グループとなった。
その後も「誓い/You Make Me Feel Brand New」や「愛がすべて/Can't Give You Anything(But My Love)」などのビッグ・ヒットを連発。独特のファルセットボーカルと美しいメロディ&コーラスで70年代のポピュラー音楽シーンをリードした。
日本でも絶大な人気を誇り、2006年に男性整髪料のTV-CMに「愛がすべて」の替え歌が使用され、大反響を呼んだことで新たなファン層を獲得した。恒例となっている年末のジャパン・ツアーで、今年、遂に仙台公演が実現。
珠玉の名曲と共にクリスマス前の素敵なひとときをお過ごしください。

内容を詳しく見る


イベント画像

中村獅童が舞台復帰!名作歌舞伎を仙台で魅せる!

【演目】
一、義経千本桜 一幕 すし屋
二、河竹黙阿弥作 釣女 常磐津連中

【出演】
中村獅童 中村亀鶴 中村萬太郎 中村米吉 中村梅花 澤村宗之助 片岡亀蔵

【あらすじとみどころ】

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

 下市村の釣瓶すし屋を営む弥左衛門は、その昔、助けてもらった平重盛への旧恩から、その子息の維盛を使用人の弥助として匿っている。その弥左衛門の家に、今は勘当の身の上のいがみの権太が、母のおくらを騙して金を手に入れようと現れる。一方、弥助に恋していた弥左衛門の娘のお里は、ある晩一夜の宿を借りようと訪ねてきた親子が維盛の御台所若葉の内侍と、一子六代である事実を知り三人を逃がす。しかし、弥助の素性を知った権太が褒美目当てに訴人しようと駆け出していくところへ、維盛詮議に梶原景時がやってくる。権太は、持参した維盛の首と縄にかけた内侍親子を突き出す。その所業に怒った弥左衛門が思わず権太を刺すが、苦しい息のなか権太が明かす真実とは...。

 歌舞伎三大名作の一つとして有名な『義経千本桜』のなかでも「すし屋」は、いがみの権太と呼ばれるならず者が迎える悲劇の結末に、親子の情と悲哀を感じる作品です。お里の口説き、すし桶を構えた権太の引込み、そして権太が本心を明かす「モドリ」といわれる趣向など、みどころあふれる作品です。


二、釣女(つりおんな)

 太郎冠者は主人の大名某と二人で、西宮の恵比寿神社に妻を得たいと願掛けの参詣にやってくる。すると、その神前で眠りについた二人に夢のお告げがあり、釣針が与えられ、早速、大名が釣竿を下げると、世にも美しい上臈が釣り上げられる。二人がその場で祝言を上げるのを見た太郎冠者は、自分も美しい妻を娶りたいと釣竿を下げる。やがて手応えを感じた太郎冠者が釣竿を上げると、被衣(かつぎ)をかぶった女を釣り上げ、夫婦になろうと誓い合うが、被衣をとるとふた目と見られない醜女。太郎冠者は逃げ出そうとするが...。

 狂言の『釣針』を元にしたこの作品は、わかりやすくユーモラスな内容ですが、松羽目物としての品格も求められます。大名と美女、太郎冠者と醜女という対比や嫌がる太郎冠者を慕う醜女の愛らしさが可笑しみとともに表現され、誰もが楽しめる微笑ましい常磐津の舞踊劇です。


「松竹大歌舞伎」について、出演の中村獅童が語りました。
詳しくは、下記のリンクよりご確認ください。
【獅童が語る「松竹大歌舞伎」秋季公演】



内容を詳しく見る


イベント画像
イベント画像

日本が誇る上質な響きをバックに綾戸が名曲を歌いあげる。

クラシックとジャズ ジャンルを超えた贅沢な共演!

デビュー20周年を迎えたジャズシンガー綾戸智恵が日本を代表するNHK交響楽団のメンバーを中心に構成された弦楽アンサンブルの上質な響きをバックに、パワフルな歌声を披露する!クラシックの名曲あり、ジャズのスタンダードナンバーあり、トークも存分に楽しめる贅沢なプログラム。


出演:綾戸智恵(ジャズシンガー)、NHK交響楽団メンバーによる弦楽五重奏 (Vn2、Va、Vc、Cb)


=予定プログラム=
【第1部】
<N響メンバーによるクラシカル・タイム>
・モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジークより 第1楽章
・クライスラー 美しきロスマリン・愛の悲しみ・愛の喜び
・ヴィヴァルディ 四季より「春」「冬」 ほか
【第2部】
<綾戸智恵 ソロコーナー>
~曲目は当日のお楽しみ~
<綾戸智恵×N響メンバー>
・Everybody Everywhere(綾戸智恵)
・Your Song(エルトン・ジョン) ・Get Into My Life(綾戸智恵) ほか
※曲目・構成が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

内容を詳しく見る