川柳(4/14掲載)

【水戸一志 選/評】

◎新元号「令和」が発表されたが、実際に使われるのは5月1日から。10連休の真っただ中であり、青空には鯉のぼりが泳いでいることだろう。川柳が見事に視覚化され、新元号の「初陣」という解釈も光っている。

===

◎ 元号の初陣式だ鯉のぼり  (東松島市矢本・遠藤俊彦)

  新時代令和の花を咲かせよう  (石巻市北上町・那須野六男)

  風小僧行ったり来たりやっと春  (石巻市渡波町・小林照子)

  春あらしワイパーきかぬ花並木  (石巻市水押・阿部磨)

  スーパーの値引きシールをしばし待つ  (東松島市矢本・畑山講也)

  5割増し核の傘から請求書  (石巻市築山・飯田駄骨)

  建造の熱意をのこすサンファン号  (石巻市大街道・岩出幹夫)

  原子炉につまようじ刺すもどかしさ  (石巻市向陽町・佐藤功)