川柳(9/15掲載)

【水戸一志 選/評】

◎スケートの羽生結弦選手を描いた角田市の田んぼアートが大人気。ネットで全国に広がり、海外からもファンが訪れるという。平昌オリンピック後の凱旋(がいせん)パレードもそうだったが、地元宮城が生んだ世界的大スターの吸引力は想像を絶するものがある。

===

◎ メダリスト稲のリンクで晴れ姿  (石巻市鹿又・遠藤錬治)

  向日葵の黄色猛暑の注意報  (石巻市小船越・三浦順子)

  亡夫の声あっちも今日は暑いとさ  (仙台市宮城野区・勝又千惠子)

  津波から来た人もいる敬老会  (東松島市矢本・後藤桃子)

  賑やかに秋持ちよって五七五  (富谷市明石台・伊藤啓強)

  増税前食いだめできぬもどかしさ  (石巻市井内・高橋健治)

  神様のジョウロの穴がゆがんでる  (東松島市矢本・川崎淑子)

  モリトモが去って駐英公使なり  (石巻市桃生町・北のから猫)