川柳(3/1掲載)

【水戸一志 選/評】

新型コロナウイルスの騒動。クルーズ船に始まった感染の現場は全国の学校、職場へと移り、一気に広がった。国内経済の雲行きもあやしい。本来なら明るい春便りがあふれるころだが、不安でそれどころではない。川柳を作るのも難しい局面といえる。

===

◎ 春便りコロナに隠れ聞こえこぬ  (石巻市駅前北通り・津田調作)

  マスクして目だけ物言う花粉症  (東松島市矢本・川崎淑子)

  楽天にノムさん語録注ぎたい  (石巻市あゆみ野・日野信吾)

  後光射す鎮魂の空五輪の輪  (東松島市矢本・畑山講也)

  論戦に日本の未来見えません  (石巻市向陽町・佐藤功)

  プレゼントチョコよりマスクアルコール  (石巻市桃生町・忖度放恣)

  受験子の守り袋が二つ増え  (石巻市桃生町・北のから猫)

  咳くしゃみみんな離れるこの時世  (東松島市赤井・まんだきほ)