俳句(6/23掲載)

【石母田星人 選】

===

朝市の空気あをあを夏野菜  (東松島市あおい・大江和子)

【評】旬の野菜や魚介類、さらに総菜や漬物などが並べられる朝市。この句、そんな朝市の空気を「あをあを」と捉えた。この青い色は夏野菜のみずみずしい輝きのことだけではない。人々の活気や朝のすがすがしい匂いなど、朝市の全てを感受して生まれた色だ。

===

老鶯や声のみ渡りゆく団地  (石巻市北上町・佐藤嘉信)

【評】老鶯は夏の鶯。老と付いているが、夏の鶯は春よりよく鳴き衰えなどは全く感じられない。新しい団地の明るい空を鶯の声が渡ってゆく。姿は確認できないが、その声には張りがあり存在感がある。空気を震わせるほどの響きが周囲を包む。上五「老鶯や」の表現がいい。切字「や」の後の一拍が、余韻と抒情を生んでいる。「老鶯の」では説明調でやや平板。

===

慎ましく白衣にもある更衣  (東松島市矢本・紺野透光)

【評】この句の白衣の主はどんな職業の人だろう。上五の「慎ましく」は、夏服への小さな変化を語っているのだろうが、職業を想像する手掛かりにもなる。

===

合歓の花夫ありし日の椅子二つ  (石巻市大森・横山つよし)

【評】庭にあった椅子はもうない。目前にあるのは合歓の花だけ。淡い紅の合歓の花が開くたび、並べて置いていた椅子と、優しかった夫の笑顔を思い出す。

===

見下ろして見上げて日和山に初夏  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

夏空へ部活最後のヒットかな  (石巻市広渕・鹿野勝幸)

夕映えの河原に集ふ洗ひ馬  (東松島市矢本・雫石昭一)

谺する海猫の恋唄五月かな  (石巻市駅前北通り・津田調作)

みどり児の枕はうすく麦の秋  (石巻市小船越・芳賀正利)

咲ききりて錆の重たき白椿  (石巻市小船越・三浦ときわ)

千枚の植田に寄する白い波  (仙台市青葉区・狩野好子)

落日を丸のみしたる植田かな  (東松島市新東名・板垣美樹)

噛み合わぬ話のままや額の花  (石巻市中里・川下光子)

五月雨ややや傾きし地平線  (石巻市吉野町・伊藤春夫)

万緑の音のみ響む廃校舎  (石巻市開北・星ゆき)

眼科へと娘に送られる桃の花  (石巻市蛇田・石の森市朗)

手をつなぎ渡る園児や夏帽子  (石巻市南中里・中山文)

指刺して白ばら一片朱に染め  (石巻市門脇・佐々木一夫)

ほやの旬舌に広がる初夏の味  (東松島市矢本・菅原れい子)

道の駅客を持て成す巣の燕  (東松島市赤井・茄子川保弘)

川柳(6/23掲載)

【水戸一志 選/評】

◎どうやら衆参同日選挙はない見通しとなり、各党の戦場は参院選に絞られた。野党各党は1人区での候補者一本化などで自民党に対抗する構えだ。しかし、共闘の実情はまさに「仮縫い」。党間、党内、国民への建て前と本音の糸が絡まったまま走り出す。

===

◎ 各野党仮縫いを終え船出する  (石巻市あゆみ野・日野信吾)

  自動運転ブレーキ対応二重装  (石巻市桃生町・忖度放恣)

  ウエルカム通訳泣かす雅子さま  (東松島市矢本・畑山講也)

  満月が水田(みずた)にドーンとあぐらかく  (石巻市桃生町・高橋冠)

  草グングンわが身は日ごと低くなる  (東松島市赤井・村上和枝)

  夢に出る故郷きまって地震(ない)の前  (仙台市宮城野区・勝又千惠子)

  プラごみがひと足はやく海びらき  (東松島市赤井・片岡シュウジー)

  夫逝ってもう目の前に初盆が  (石巻市蛇田・上村当志子)

D-Day

 去る6月6日は「ノルマンディー上陸作戦(D-Day)」の開始日から75周年を迎え、現地で記念式典が開かれました。

 この作戦の正式名称は「オーヴァーロード作戦」"Operation Overlord"(「大君主作戦」)。D-Dayとは、作戦開始日時を表すアメリカの軍事用語とのこと。第2次大戦中にナチス・ドイツ占領下のヨーロッパに連合国軍が侵攻を開始した日です。

 ノルマンディー(Normandy)はイギリス海峡に臨むフランス北西部の地方で、その歴史は911年にノルマン人がノルマンディー公国を建国したことに始まります。

 私は2005年、イギリス南部の港サウサンプトン(Southampton)から船に乗り、ノルマンディー・コタンタン半島の先端の港町シェルブール(Cherbourg)を訪れました。フランス映画「シェルブールの雨傘」(Les Parapluies de Cherbourg/1964年)の背景となったこの町を見てみたかったからです。

 映画と言えば、ノルマンディー上陸作戦を舞台にした米国映画「プライベート・ライアン」(1998年)。原題は"Saving Private Ryan"、直訳すると「ライアン2等兵の救出」。「たった一人の命を救うために、多くの人間が犠牲を払ってもいいのか?」を問いかけるスピールバーグ監督の力作で、私が最も感動を覚える映画の一つです。

 「プライベート」(private)は、「私的な」という意味で一般に用いられていますが、アメリカ陸軍などの2等兵・兵卒といった最下級を表す軍隊の階級の一つです。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

短歌(6/16掲載)

【佐藤 成晃 選】

===

老いて行く時間(とき)をひとりは楽しめず今日のあしたの喰ふことばかり (石巻市恵み野・木村譲)

【評】伴侶を施設に預け、一人で暮らす作者。そのご老体の味気ない日常生活を詠んだ一首である。若いころは、こんな老後を想像したこともなかった。妻との談笑を楽しみながらの静かな生活を思い描いていたはずだ。現実はそうはならなかったという嘆きは大きい。毎日の食事のことばかりで頭がいっぱいだ。今晩は何を食うか、明日の三食はどうするかと、食うことにまつわる様々なことに追いまくられている生活。当然あるべきものがなくなった時のうろたえが如実に伝わる一首である。

===

新聞をめくればかつての園児にて満面笑顔の作業療法士 (石巻市丸井戸・高橋栄子)

【評】朝刊のページをめくっていたら大きな写真が出てきた。どこかで見かけた顔だ。思いを巡らせて辿(たど)り着いたのが昔の教え子。しかも、園児の面影に重なる「満面笑顔」のこの人の現在は「作業療法士」。教育の場に身を置く人間の役得のような喜びが嫌みなく伝わってくる作品である。4月5月は、どこの新聞も「フレッシュマン」とか「ニューフェース」のタイトルで新社会人を取り上げるものだが、偶然かつての幼子と対面できた喜びは、いかばかりだったか。

===

磯の香は景色とともに入り来る各駅停車のドア開くたび (石巻市羽黒町・松村千枝子)

【評】日常のごく当たり前なところに転がっている「詩」を見つけた一首かも知れない。各駅停車ごとに海の匂いが風景と一緒に列車の中に入って来るという。海岸線を走る仙石線や石巻線に乗った気分で鑑賞をこころみているのだが、すっかり納得させられてしまっている。「磯の香」が風景と一緒に入ってくると捉えた感覚の柔らかさに感嘆した。「詩」は生活のどこにでもあるもの。常識や先入観という兜(かぶと)を脱いでみれば、「詩」が見えてくるかも。

===

耳うとくなりて久しきしずけさの幻聴なるや蟻の足音 (東松島市大曲・阿部一直)

夕暮れの空見上げてのコップ酒望郷を喉に流して眠る (石巻市駅前北通り・津田調作)

上品山(じょうぼん)に草食む牛の影追えば空に広がるかつての絵地図 (石巻市南中里・中山くに子)

るいるいと花殻散り敷く石だたみ掬(すく)う両手にまた春の雨 (石巻市開北・星ゆき)

梅花うつぎ白々と咲く朝なれどヘバーデン結節疼(うず)くをやめず (石巻市向陽町・後藤信子)

新緑は無料のサプリ今朝もまた老いた手足にみどりいただく (石巻市向陽町・中沢みつゑ)

衰えは静かに来ると思いいしにどどっと大波 満身創痍 (東松島市赤井・佐々木スヅ子)

それぞれの葉に水玉を遊ばせて雨後のそよ風蓮田を渡る (石巻市蛇田・千葉冨士枝)

死に近き痩せ細りたる父の背の温もりいまだこの掌(て)の知れり (石巻市駅前北通り・庄司邦生)

住む人のあらざる庭のたたずまい梔子(くちなし)の花夏を告げおり (石巻市蛇田・梅村正司)

八十年過ごした年は去って行く今行く道は卒寿への道 (石巻市鹿又・高山照雄)

一か月会わぬ曾孫(ひまご)は歩きおり転ぶようでも転ばぬ歩み (石巻市丸井戸・松川友子)

もったいない断捨離出来ぬ昭和人(しょうわびと)出してはしまい出しては仕舞う (石巻市水押・佐藤洋子)

上品山より田圃(みなぎ)見下ろせば湖(うみ)のよう幼苗など波に隠れて (石巻市桃生・三浦多喜夫)

聖火台撤去寂しいグランドで友と楽しむパターゴルフで (石巻市不動町・新沼勝夫)

波の音風さえいまだ怖けれど海に生かされ海憎からず (石巻市水押・小山信吾)

和やかに今日も暮れゆく八十路なかば戦中戦後を生かされてきて (石巻市わかば・千葉広弥)

川柳(6/16掲載)

【水戸一志 選/評】

◎世論を顧みない長期政権の主が大国の暴君に手もみしてすり寄る。両者の狙いは何か。本当の事をズバズバ言う暴君と、国民に隠し事が多いお方とのことだけに、ウィンウィンの行方は不安がいっぱい。オモテナシの美徳を悪用しないでほしい。

===

◎ 傘の下思惑秘めてオモテナシ  (石巻市蛇田・菅野勇)

  北の島戦火交えず取り返せ  (石巻市水押・小山信吾)

  不細工に自ら崩す丸い山  (東松島市矢本・奥田和衛)

  甲羅より大きい穴に見栄を入れ  (東松島市赤井・片岡シュウジー)

  不整脈生きてる証まあいいか  (東松島市赤井・佐々木スヅ子)

  事件ない令和であれと祈るだけ  (石巻市桃生町・高橋みつ子)

  美意識の残るペン先捨てられぬ  (東松島市矢本・菅原れい子)

  指折って老後資金のへそ勘定  (石巻市不動町・新沼勝夫)

 このところ、NHK・BSプレミアムで再放送されている「おしん」に夢中になっています。連続テレビ小説として人気を博していた昭和58年4月から59年3月にかけては勤務のため見逃していました。

 とりわけ「少女時代」の小林綾子さん、彼女と関わる「大奥さま」の長岡輝子さん、泉ピン子さん、そして、わが故郷の誇り中村雅俊さんの真に迫る演技に心を動かされ、しばしば涙を流しています。一つは、セリフです。柔らかな響きの山形弁は石卷の言葉に通じるものがあり、子どもの頃を思い出すのです。たとえば、子どもを意味する「おぼこ」...こんな可愛らしい言い方が他にあるでしょうか?

 さてご存じのとおり、「おしん」はやがて海外でも評判になり"Oshin"と題して英語版が外国で放映されました。1984(昭和59)年3月11日付のニューヨーク・タイムズは、"one of the most popular programs in Japanese television history"(日本のTV史上で最も人気を博した番組)と紹介した上で、"a synonym for patience and endurance"(忍耐、辛抱との同意語)と評しています。

 また、インドネシアやエジプトなど海外で広く放送され、人々の共感を呼ぶとともに "Oshindrome"(オシンドローム)という言葉を生み出しました。

 特にベトナムでは大変な評判となり、"Oshin"は身を粉にしてせっせと働く「お手伝いさん」を指す外来語として、国語辞典に載るほどになったことはよく知られています。

大津幸一さん(大津 イングリッシュ・スタジオ主宰)

俳句(6/9掲載)

【石母田星人 選】

===

長旅を終えし大河や皐月波  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

【評】長旅の主は大河を流れてきた水。山に降った雨が沢から川に流れ海に出る。やがて雲となって再び山上に雨をもたらす。地下水も湧水となってめぐる。これらの水は山や土の養分を運ぶ。この物質の移動が生き物の命を育む。日本人は稲作を始める前後から、この水の循環という自然の秩序に気付き、水を信仰の対象としてきた。この句は河口での旅の終わりの景。新たな旅の始まりでもある。祈りが見える抒情句。

===

蝉の声乗せず快速過ぎし駅  (東松島市矢本・雫石昭一)

【評】目の前を風とともに快速列車が通り過ぎた。残されたのは駅のホームと大音響で鳴く蝉の声。各駅停車の列車ならばたっぷりと蝉の声を乗せられるのに何ともったいない。暑さの中でそう感じている作者。

===

船頭のまあるくまるく投網打つ  (石巻市桃生町・西條弘子)

【評】船頭の打つ網に見とれてしまったのだろう。大きく広がった姿には美しさがある。臨場感あふれる中七の表現できれいに開いた投網の様子が描かれた。

===

児童らの演技すり抜け揚羽蝶  (仙台市青葉区・狩野好子)

【評】夏の蝶は揚羽蝶をはじめとしてみな大ぶりで鮮やか。飛び方に躍動感がある。運動会に現れた蝶。子どもの演技に合わせて戯れているようにも見える。

===

牛語り農を語って緑濃し  (石巻市広渕・鹿野勝幸)

一山を包む琴の音茅の輪解く  (石巻市相野谷・山崎正子)

鈴蘭や手話のてのひら胸に置く  (東松島市矢本・紺野透光)

風薫る赤子に確と土踏まず  (石巻市小船越・芳賀正利)

青葉風吹き抜けてゆく野面かな  (石巻市桃生町・佐々木以功子)

千匹の列を乱さぬ鯉のぼり  (石巻市中里・川下光子)

フルートをまなうらに聴く五月雨  (東松島市新東名・板垣美樹)

初蝶や老いの化粧は入念に  (石巻市蛇田・石の森市朗)

陽炎に包まれ祖父の畑打ち  (東松島市矢本・菅原れい子)

夕凪をつなぎ止める筏かな  (石巻市門脇・佐々木一夫)

噴水の空に夢あり障子ケ岳  (石巻市吉野町・伊藤春夫)

春更けて一涙長き絵ローソク  (石巻市開北・星ゆき)

初夏や木魚のリズム持ちかえり  (東松島市野蒜ケ丘・山崎清美)

梅干しの梅が染めゆく指の先  (石巻市南中里・中山文)

立喰屋の長き行列春の風  (石巻市中里・鈴木登喜子)

梅雨空や鉄路の重くひびきをり  (東松島市あおい・大江和子)

川柳(6/9掲載)

【水戸一志 選/評】

◎トランプ大統領が来日し、迎えた安倍首相との蜜月シーンを見せられた。戦前、戦中派は両首脳の近さが怖い。ゴルフと居酒屋だけならともかく、護衛艦「かが」の艦上に並んで、新型戦闘機の大量購入を約束した。公然と。

===

◎ かが視察首脳の笑顔波紋あり  (石巻市北上町・那須野六男)

  予報正確てるてる坊主出番なし  (石巻市蛇田・佐藤久子)

  新緑の濃淡が織るパッチワーク  (東松島市矢本・阿部房枝)

  水たまりさけてやさしい八十路  (東松島市赤井・阿部二三子)

  そっと乗り悲鳴で降りる体重計  (東松島市矢本・畑山講也)

  雑草も名前があるぞ自己主張  (東松島市矢本・川崎淑子)

  自主返納思い切れずにずるずると  (石巻市桃生町・三峰)

  国賓にこびる歓待見てられぬ  (石巻市三ツ股・浮津文好)

 先月24日、テリーザ・メイ英首相は6月7日、首相官邸前で記者団を前に辞任すると発表しました。

 "I've done everything I can ..."「できるだけのことはやったつもり」。感極まり、涙声で"... gratitude to have the opportunity to serve the country I love,"「愛する国に仕えたのは生涯の光栄でした」と結びました。

 「鉄の女」(Iron Lady)と言われた故サッチャー首相に対して、「氷の女王」(Ice Queen)という異名で知られたメイ首相が最後に見せた涙です。

 私は英米の政治家のスピーチには感心させられます。英語を駆使した巧みな演説。時には皮肉やユーモアに満ちています。シェークスピア以来の伝統のなせる技でしょうか。

 さて、メイ首相が立ったのは首相官邸の前。ロンドンのウェストミンスター・ダウニング街に位置するこの建物は300年以上の歴史があり、「10」とだけ書かれた玄関の黒塗りの扉が有名です。そもそもイギリスの家は住人名を掲げません。住居番号や部屋番号だけを表示します。従って、この首相官邸の住居表示は「ダウニング街10番地」"10 Downing Street"で、一般に呼ばれています。

 関連して二つのことを思い出しました。

 一つは「ベーカー街221B」"221B Baker Street"。イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルが生みだした私立探偵シャーロック・ホームズ下宿の住所です。

 もう一つは、19世紀英国の文豪トーマス・ハーディの代表作「テス」(Tess)。メイ首相の本名テリーザ・メアリー・メイ(Theresa Mary May)の Theresa の愛称が Tess です。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

短歌(6/2掲載)

【佐藤 成晃 選】

===

出勤の途中と写メール送り来(き)ぬリラ真っ盛りの五月の札幌  (石巻市向陽町・後藤信子)

【評】写メールを送受する行為から、写真を送って来た人と作者の間柄を想像してみました。おそらく作者のもとを発って間もないお孫さんからのものではないでしょうか。出勤の途中、偶然目にしたリラの美しさ。これはおばあさんに見てもらわなくっちゃ、ということの次第までが読めてきます。もしかして札幌の街自体が、写真を撮ったお孫さんにとっては新鮮な存在だったのではないでしょうか。赴任・着任してまだ間のない街の、代表的な象徴的なリラの花の美しさがしのばれます。

===

早苗田(さなえだ)の水面(みなも)をサーッと滑り行く五月の風の白い耀(かがや)き  (東松島市矢本・川崎淑子)

【評】風景を客観的に詠んだ作品です。一読で内容がよく分かるし、修飾意識があんまり前面に出てこないところが魅力にもなっている一首だと思いました。下の句の「五月の風の白い耀き」に工夫のあとは見えますが、そんなに邪魔にならないし、読者を納得させる描写になっていると思いました。回を追うごとに作品が整ってきた作者の努力に拍手です。

===

ともすれば嘘溶けがちの口を閉じ澄みゆく声の鳥を見ており  (石巻市開北・星ゆき)

【評】自分の口から発せられる言葉は真実でありたいと、誰もがそんなことを念じながら生きています。でも実際はすこし異なるところもあるのが現実。ついつい言葉を飾ったり、やや大げさな表現に作り替えたりしがちなものです。いま自分の口を飛び出そうとしている言葉たちにそんな「ずれ」を感じた作者は、作為のない澄んだ声でさえずる小鳥を見つめて立ちつくしています。虚飾のない小鳥の小さくても澄んでいる世界。自然の中に詩根を発見することの上手な作者に、いつも感心させられています。

===

遠き日に祖父の胡坐(あぐら)の中にいしその息(こ)五歳の祖父となりおり  (石巻市中央・千葉とみ子)

また一人惚(ぼ)けをつくりにセールスが食事・食料宅配するとふ  (石巻市恵み野・木村譲)

ペン持てば日に日に募る若き日の姿記(しる)さん短歌(うた)の真中に  (石巻市駅前北通り・津田調作)

銭もなく知恵もなければ妻もなし真っ赤な夕陽になだそうそう  (東松島市大曲・阿部一直)

ふと目覚め言葉あれこれ入れ替えつ時過ぎ行きて短歌(うた)まとまらず  (石巻市南中里・中山くに子)

夕暮れの職場帰りの店の隅コップ片手に今日を語らう  (石巻市水押・阿部磨)

わが町を北限となすお茶畑 北上川の霧を浴びつつ  (石巻市桃生・三浦多喜夫)

古い巣に今年も来たるつばめごの挨拶代わりかさえずり高し  (石巻市桃生・大友雄一郎)

病にて小さくなった父と母頑丈な手と知恵は変わらず  (石巻市水押・佐藤洋子)

こんなにも旨(うま)い味噌汁は他に無い十三浜のワカメのみどり  (東松島市矢本・奥田和衛)

目の前を小さき影の飛ぶ病(やまい)言い得て妙なり飛蚊(ひぶん)症とは  (石巻市駅前北通り・庄司邦生)

しゃべらずに済ませるメールと言う手段 会話のできぬ人間社会  (石巻市向陽町・中沢みつゑ)

しっかりと右脳左脳が支配する右往左往と手探りしつつ  (石巻市大門町・三條順子)

そよそよと港の風に夏木立並んで誰かを待つかのように  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

十連休のんびりしたい子等集い老いたる私は体力勝負  (東松島市赤井・佐々木スヅ子)

清しきは令和の朝の青き空この国のさきを慶ぶごとし  (石巻市大森・木村友子)

放牧の牛馬はいまだ幼くて牧草食(は)みおり人遠ざけて  (女川町・阿部重夫)