短歌(4/5掲載)

【佐藤 成晃 選】

===

ギリシャより空輸されたる聖火をばスモークで迎えるブルーインパルス  (東松島市矢本・奥田和衛)

【評】ギリシャからの聖火を積んだ飛行機が、松島基地の滑走路へ降下してくる映像には感激した。いよいよだ、の感激だった。その雄姿を歓迎する5色のスモーク。強風でなかったら、5色の五輪を描いたのかもしれない。ただ、コロナウイルスで東京五輪は延期になってしまった。けれどもこれを幸いとして前向きの対応をしていくのが国民の努めかもしれない。まずは感動をありがとう、と叫びたい。

===

海の香を男の心にしみ込ませ漁師一筋五十年余り  (石巻市水押・阿部磨)

【評】50年余りの漁師生活に、ある満足感を抱いての作歌であろう。「男の心にしみ込ませ」の言葉遣いから、初めのうちは「大変な仕事」だと感じて、その仕事にむりやり体を慣れさせた雰囲気にも読める。最初のころの仕事への違和感を克服しての50年余りの漁師生活。その満足感みたいなものに読者は癒されるのではないだろうか。思い出としての漁師生活であっても、作品として詠みついでいってほしいものだ。

===

日記帳埋めゆく先に広がるは我だけにある記憶の倉庫  (石巻市南中里・中山くに子)

【評】毎日、日記をつけることを習慣としているのだろうか。一年用日記帳、三年用日記帳など日記帳にもさまざまな物が商品として店頭に並ぶ昨今である。この日記帳が満杯になったあとの楽しみが格別だ。「記憶の倉庫」と例えているが、まさにその通り。「記憶の花園」でもあるのだ。振り返ることの楽しさを独り占めにしている作者が見えるようだ。

===

六十五年妻と迎えし弥生月春陽射す日も雪降る時も  (石巻市駅前北通り・津田調作)

ひとつ事片付け済みてひと日暮れ二つとはできぬ老いの日常  (石巻市羽黒町・松村千枝子)

九年を住みしマンションまほろばと余命いくばく寿命に任す  (石巻市中央・千葉とみ子)

ねむの木のみやぎまり子の訃報聴く新型コロナうずまく春に  (石巻市恵み野・木村譲)

上ばきにわらぞうり履き学び舎の廊下駆けにき学童われら  (石巻市駅前北通り・庄司邦生)

静寂の中で戦う力士たち行司の声がこだましている  (石巻市水押・佐藤洋子)

あたたかな春の日差しに餅草を摘みて搗(つ)きたり彼岸の入り日  (石巻市桃生・三浦多喜夫)

春浅き湯の里秋保で酌(く)み交わし老躯(ろうく)を癒す一時の至福  (石巻市わかば・千葉広弥)

北上の流れと並び懐かしや和渕の里の友の面影  (仙台市泉区・米倉さくよ)

井戸水も木炭七輪も使いたるあの日を思う九年過ぎぬ  (石巻市蛇田・千葉冨士枝)

主のいない家に咲いてる梅の花どこか寂しくやさしさ香る  (石巻市不動町・新沼勝夫)

八十路(やそじ)という文字に捕らわれ自らを<老い>にはせぬと頬に紅さす  (東松島市赤井・佐々木スヅ子)

ヨシ刈りも人手不足かボランティアの喜々と働く老いも若きも  (仙台市青葉区・岩渕節子)

下北に短命の父訪ぬれば彼岸の墓も陸奥(むつ)湾も春  (石巻市渡波町・小林照子)

笑み浮かべ「また会えるかね」と友が言う握る力は以前よりよわし  (石巻市須江・須藤壽子)

人間のおごり諫(いさ)めるかのごとくこれでもかとぞコロナが攻める  (石巻市向陽町・中沢みつゑ)

身から出た錆とは言えどかなしけれ孫にも子にも逢えぬわが身は  (石巻市三ツ股・浮津文好)

川柳(4/5掲載)

【水戸一志 選/評】

◎旧北上川が仙台湾に注ぐ河口を見下ろす日和山。高さはないが、頂上からの眺めの壮大さは石巻市民の自慢である。伊達政宗が仙台築城の際、候補地の一つに挙げたとも伝わる。パンデミックで引きこもりを余儀なくされているとき、こうした句は救いである。

===

◎ 日和山立てば天下が欲しくなり  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

  行く用事次々消されお宅する  (石巻市桃生町・佐藤俊幸)

  無観客気持ち入るかプロ選手  (石巻市水押・佐藤洋子)

  休みです最初うれしやもう飽きた  (石巻市開北・安住和利)

  朝日浴び免疫アップ深呼吸  (東松島市矢本・遠藤恵子)

  AIもウイルスの一手読めなそう  (東松島市矢本・川崎淑子)

  世の中に銭ほど嫌なものはない  (東松島市矢本・斎藤勝彦)

  三〇キロハードル高い避難先  (石巻市あゆみ野・日野信吾)

文明の利器

 石巻市のコミュニティーFM「ラジオ石巻」が、子どもたちに向けて先生のメッセージを届ける放送を続けている...そんな話題が3月20日の朝日新聞県内版に掲載されました。

 3月16日に石巻中で行われた卒業式で3年生が歌った森山直太朗さんの「さくら」を、教職員が改めて音楽室で合唱。それを松浦佳奈アナウンサーが収録し、続いて「みんな、元気にしていますか」といった先生方による録音メッセージが加わり放送されたとのこと。

 何と心温まる企画でしょう。学校が臨時休校となる中「メディアとして何か役に立つことはないか」と松浦さんをはじめ、局のスタッフが考えた末のことに違いありません。「ラジ石」のファンの一人として大きな拍手を送りたいと思います。

 さて、このラジオ企画には 「文明の利器」( modern conveniences )が力を発揮。マイク、録音機、編集・放送に必要な機材など、放送局には高性能な機器が備わっていますが、今や一般の人々も持つ時代。ご存知「スマホ」( smartphone )には録音、さらにはカメラ機能も付いています。

 「録音する」は英語で record ですが、これはラテン語の「 re-(再び)」+「 cor(心)」で、「再び思い浮かべる」がもともとの意味。「ラジ石」の番組では、録音した全教職員による「待ってます」という生徒への呼び掛けで終わっています。

 最後に、以前から疑問に思っていることが一つ。

 たて笛として親しまれている「リコーダー」も英語で recorder とつづります。「録音」とどのような関係があるのか?

 古英語( Old English、5~11世紀)の record には「鳥がさえずる」という意味があり、これに由来するという説が有力ですが、確かなことは不明のようです。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

俳句(3/29掲載)

【石母田星人 選】

===

追悼の山へ海より春の虹  (石巻市相野谷・山崎正子)

【評】大震災追悼の日。地震発生の時刻に合わせるように海の方角に大きな虹が懸かった。宮城県内の各自治体の式典は中止や縮小になった。残念なかたちになったが、犠牲者を悼む気持ちに何ら変わりはない。その気持ちに応えるように現れた春の虹。去年に続き姿を見せてくれたアーチに手を合わせた人も多かっただろう。季語「春虹」は淡くはかない情趣を醸すものだが、この句では被災9年の思いも重ねてくっきりと描かれている。深い祈りの句だ。

===

春隣振り子のようなオランウータン  (東松島市新東名・板垣美樹)

【評】春隣は晩冬の季語で、近くに春が来ているというニュアンス。オランウータンが木にぶら下がって移動する様子を捉えた中七と、春の躍動が呼応する。

===

蛇穴を出づ天空の五色の輪  (東松島市矢本・雫石昭一)

【評】地中から表に出てきた蛇が空を見上げると、五色の輪が描かれていた。辺りが歓声で沸いている。目覚めた蛇の驚きと自らを重ねた。俳味あふれる句。

===

春風にひと押しされてホールインワン  (石巻市吉野町・伊藤春夫)

【評】このひと押しはほかの季節の風ではできない芸当だ。春風はいい。肌で春を感じることができ心が弾む。五輪マークを崩すほどの暴風は困りものだが。

===

耕すや日差しのころぶ鍬の先  (石巻市広渕・鹿野勝幸)

野を焼けば山彦もまた生き返る  (東松島市矢本・紺野透光)

春暁の障子の桟のむらさきに  (石巻市小船越・三浦ときわ)

長閑さや二つの影の寄り添ひぬ  (石巻市丸井戸・水上孝子)

北上川の流れを溜めて春夕焼  (石巻市桃生町・佐々木以功子)

三陸の帰雁に夕日柔かし  (石巻市蛇田・石の森市朗)

九年経て軒下ひそと草青む  (仙台市青葉区・狩野好子)

弥生野へ被災の刻を報す鐘  (石巻市桃生町・西條弘子)

過去帳やページ幾重に震災忌  (多賀城市八幡・佐藤久嘉)

お清めの塩を四隅へ春うらら  (石巻市北上町・佐藤嘉信)

投函の音たしかめておぼろ月  (東松島市矢本・菅原れい子)

亀鳴いて句座の一人となりにけり  (石巻市中里・川下光子)

鳥帰る水面に泡の筋残し  (石巻市南中里・中山文)

里浜の漁待つ投網春夕べ  (石巻市元倉・小山英智)

工房の木彫りふくろう山笑う  (東松島市野蒜ケ丘・山崎清美)

丸刈りの卒業アルバム笑顔かな  (石巻市渡波町・小林照子)

川柳(3/29掲載)

【水戸一志 選/評】

日本中の川柳欄が毎週、コロナ料理の腕比べで埋まっている。選者が「飽きた」と言ったらおしまいだ。今回も入選句にはそれぞれ、目先を変える努力の跡が見える。
◎桜の会との組み合わせは安易に見えるが、「後ずさり」という擬人表現がぴったり。

===

◎ コロナには桜の会も後ずさり  (石巻市渡波・鈴木ふみよ)

  新コロナ異例を着せるデザイナー  (東松島市赤井・片岡シュウジー)

  村八分済まぬコロナの国八分  (石巻市桃生町・忖度放恣)

  医師だって診察拒否をしたくなる  (石巻市桃生町・高橋冠)

  経済市場棒線グラフ急降下  (石巻市南中里・大山育子)

  クラスターパンデミック漢字無し  (東松島市矢本・川崎淑子)

  イケメンの父の遺影にワンカップ  (東松島市矢本・阿部房枝)

  昇進をいつも邪魔する正義感  (東松島市矢本・畑山講也)

卒業

 " Nous sommes en guerre. "( We are at war. )「我々は戦争中」...フランスのマクロン大統領は3月16日の国民向けのテレビ演説で語気を強めこのような言葉を発しました。新型コロナウィルスは、今や「パンデミック」( pandemic )の様相を呈しています。

 19日、宮城県内の小学校で卒業式がありました。在校生や保護者の出席を見送るなど規模を縮小しての開催です。

 「卒業」は英語で graduation(グラデュエィション)。が、高校の授業で、先生から「アメリカでは commencement(コメンスメント)とも言う」、さらに続けて「 commencement とは『始まり』という意味」...これは衝撃的で今でも忘れることがありません。「学業」を「卒」つまり「終了」ではなく、「(これからに向けての)始まり」なのだという発想。

 一方、graduation は graduate(卒業する)の名詞形で、「等級、学年」を意味するおなじみ「グレード」grade と同系の言葉。そして一般に「卒業式」は graduation ceremony と言います。

 また、graduate には「(大学の学士号を得た)卒業生、大学院生」という意味も。

 映画「卒業」The Graduate(1967年、アメリカ)は、サイモン&ガーファンクル( Simon & Garfunkel )のテーマ曲とともに、青春映画の金字塔として知られています。The Graduate は「卒業」と訳されていますが、主役のダスティン・ホフマンの卒業後の日々を描いた映画ですから、「卒業生」が正しい訳でしょう。でも、タイトルとしては「卒業」の方がいいですね。

 Apple の創業者の一人で、今は亡きスティーブ・ジョブズ( Steve Jobs )が2005年米国・スタンフォード大学の卒業式でのスピーチの最後に語った言葉はあまりにも有名です。

 " Stay hungry, stay foolish "(ハングリーであれ、愚かであれ)

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)

短歌(3/22掲載)

【佐藤 成晃 選】

===

恵み野やのぞみ野あゆみ野復興街に鳴いた雲雀(ひばり)の降りる野ありや  (石巻市恵み野・木村譲)

【評】この作品を読んで思い出すのは「雲雀野(ひばりの)」という海辺の町の名前。いかにも雲雀が上空にさえずっていそうな町だった。震災の復興過程で、新しい町名が生まれた。いずれも未来の平穏と発展を願っての命名だ。けれども、どれも人間中心の発想から生まれた町名ではないか、と作者は立ち止まる。仮にひばりが上空でさえずったとき、私たちの街は雲雀の着地をも予想しての町づくりであったか、と。

===

少年のなぜに生くるを問いし日々遥けくなりて喜寿としなりぬ  (石巻市駅前北通り・庄司邦生)

【評】小学校の教師だった作者。少年たちから「人間は何のために生きるのか」と問われたことがあったのだろうか。その忘れられない日々のことが今も作者の胸の内にあるのだろう。あれから何年が過ぎ去ったことか。気がついたら喜寿の自分。あの哲学的な問いを発した少年たちのその後のことも気になっての作歌だろう。

===

文面は「お元気ですか」のみなれど雛(ひな)の切手に雛のスタンプ  (石巻市中里・上野空)

【評】葉書の文面は非常に簡便な「お元気ですか」の記述だけで、いわば味も素っ気もないものだが、その文面を飾る差出人の「切手」と郵便局の「スタンプ」の気遣いがうれしくてならない作者。季節の「お雛さま」の雰囲気あふれんばかりの応対に感謝したいという心が見える。ちょっとした心遣いによって、一日が明るい気分になった。心豊かにしてくれる知恵はどこにでもあるものである。

===

星々がこぼれ落ちたるイヌノフグリ青空の色身に纏(まと)いつつ  (石巻市蛇田・古沢美祢子)

夫あての郵便日に日に減ってきぬ一人ですよとだめ押すごとく  (石巻市羽黒町・松村千枝子)

亡き夫の形見となりし腕時計我が腕にありて時に重たし  (東松島市赤井・大槻千代子)

曇天(どんてん)の空に想いを語るごと遠くなりたりアリューシャンの海  (石巻市駅前北通り・津田調作)

降る雪を透かせば見えくるあの校舎冷えた木椅子の避難の一夜  (石巻市南中里・中山くに子)

鮪(まぐろ)獲る船に眺めた彗星(すいせい)が今も鮮やか記憶のなかに  (石巻市水押・阿部磨)

怒りつつの拳(こぶし)の跡の壁覆ふ大きな暦の笑点メンバー  (石巻市開北・星ゆき)

三陸の小高い公園造りたる重機が並ぶ放牧のごと  (東松島市矢本・川崎淑子)

キャンセルの電話受け取る宿主の悲痛思いつつ受話器を置きぬ  (東松島市赤井・佐々木スヅ子)

七五三の記念の写真ににっこりと笑みたる曾孫(ひまご)の前歯抜けいて  (石巻市中央・千葉とみ子)

夫と行く県内制覇<道の駅>今日は遠出のふたつ掛け持ち  (東松島市矢本・菅原京子)

階段を昇れば膝(ひざ)の痛むなり雨傘杖に冷や汗ぬぐう  (石巻市桃生・西條和江)

日暮れどき流行(はやり)の病い来ぬことを友と願いて家路を急ぐ  (石巻市桃生・千葉小夜子)

今朝もまた納豆ご飯に味噌汁と野菜の酢もので健康家族  (東松島市矢本・奥田和衛)

震災を思い出させるレジの列終息見えぬコロナウイルス  (石巻市水押・佐藤洋子)

新刊のインクの匂ひ吸ひたくて仰向けになり本かむりたり  (石巻市門脇・佐々木一夫)

土寄せに思いをよせる足元で汗のしずくがキラキラ光る  (石巻市桃生・佐藤俊幸)

川柳(3/22掲載)

【水戸一志 選/評】

◎春の選抜高校野球大会の中止が決定した後、仙台育英の選手に監督が背番号を手渡すシーンがテレビに流れた。監督の気持ちは、まさにこの句の通りだと思う。選手の生涯で最も貴重な背番号になると予感させる、コロナ騒動の側面。人生はドラマだ。

===

◎ 悔しさをバネにがんばれ夏がある  (仙台市青葉区・吉田真一)

  マスクかけ自転車の子に春一番  (東松島市赤井・まんだきほ)

  どこにいりゃ安全なのよ新コロナ  (東松島市矢本・菅原れい子)

  あつものに懲りて図書館まで閉鎖  (石巻市三ツ股・浮津文好)

  ウイルスを避けて炬燵で丸くなる  (石巻市鹿又・遠藤錬治)

  恐妻といえど代われる人はなし  (東松島市大曲・添田潤)

  オイ老化俺にだまって先行くな  (石巻市門脇・荒間草海)

  国難を国技で祓う大相撲  (石巻市蛇田・菅野勇)

 「石巻かほく」川柳の2019年度の年間最優秀賞に、鈴木醉蝶(すいちょう)さん(81)=石巻市蛇田=が選ばれた。優秀賞は新沼勝夫さん(81)=同市不動町=、片岡シュウジーさん(77)=東松島市赤井=、菅野勇さん(82)=石巻市蛇田=の3人に決まった。選者の水戸一志さんが1年間の投句を基に選出した。

受賞者の声/鈴木さん「新聞が情報源」
20200319_198002jb.jpg 思わぬ受賞の栄に恐縮しています。水戸先生には丁寧なご教示を頂き、感謝申し上げます。これからがスタートラインであり、プレッシャーも感じています。
 新聞は情報源の最たる物で作句に欠かせません。休刊日は寂しい限りです。
 拙句「休刊日それでもポスト覗(のぞ)きみる」。日頃は入選常連者の句に刺激を受け、くらげ吟社で月1回学びます。一門の皆さまにおかげさまでしたと伝えたいです。

選者から/水戸さん「偏りない視点」
 年間成績は入選句の得点(佳作1点、◎2点)の累計を基本にした。ただし、最優秀賞だけは発足からまだ3度目の表彰であることを考慮し、過去2回の受賞者を対象外とした。
 鈴木醉蝶さんは当欄発足時からの常連作家。時事吟を得意とし、世界、国内、地域のニュースに対する偏りのない目配りが、入選数を稼ぐ力になっている。「◎私にも意見聞いてと美術館」(2020年1月26日)を特に褒めたい。新聞の投書欄に度々登場している県民の関心事だが、当欄では数少ない投句だった。テレビの全国版だけが時事吟の素材ではないことを、他の投句者も見習ってほしい。
 優秀賞の3氏も安定した力の持ち主。素材に安心せず、発想の転換、一句の表現力をさらに磨いてほしい。

パスポートとビザ

 イタリア北部で新型コロナウイルスによる感染が急速に広がり、3月13日の時点で死者が1200人を超えたとのこと。

 ミラノをはじめ、ヴェネツィア、フィレンツェを観光で訪れた方も多いことでしょう。15年ほど前、私もこれらの都市を列車で巡りました。ヨーロッパ31カ国の鉄道を乗り放題できる「ユーレイル・グローバル・パス」( Eurail Global Pass )という周遊券で、時刻表を見ながらの一人旅でした。

 さて、海外旅行といえばパスポート。うっかり忘れて成田から石巻の自宅まで取りに戻った人がいるとか。しかし、いったんフランスなどEU圏の入国審査を通ってしまえば、あとはスルスル。EU加盟22カ国と欧州自由貿易連合(EFTA)加盟4カ国の計26カ国は、出入国審査を廃止しているからです。

 パスポート( passport )は英語ですが、pass + port と分解できます。pass は「歩く・通る」を意味するラテン語 passare が語源。port はご存知「港」。つまり「パスポート」は海外へ「歩き」出すための証ということです。

 そして「ビザ」( visa )。ラテン語の videre(見る)に由来します。video(ビデオ)、visual(ビジュアル)などと同じ系列です。日本語で「査証」と言いますが、渡航先の国が入国を許可するために発行する「入国許可証」のようなもの。ただし、ビザはすべての国で必要ではなく、例えば「観光ビザ」はインド、サウジアラビア、エジプトなどへの旅行には不可欠です。

 パスポートと言えば、トム・ハンクスが主演した映画「ターミナル」( The Terminal、2004年・アメリカ)を思い出してしまいます。

大津幸一さん(大津イングリッシュ・スタジオ主宰)