かほピョンくらぶの事務局ブログ

特典満載のかほピョンくらぶの舞台裏を事務局員が暴露(?) 楽しく皆さんと盛り上げていきたいと思います。 ※パートナー(運営協力店)も随時募集しています

新年は蕎麦から

爆食ファンの皆様、あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

 

お正月は皆様おせちにお餅に食べすぎて大変だった方も多いのではないかと。

 

さて、正月休みで焼いた餅のように膨らんだお腹を抱えながら、新春の職場に出向いては来たもののお昼になればお腹はすくのが人の性。

新年初ランチは、メタボに染まった身体をルチンの力で清め給えということでお蕎麦に決定。

soba iriguti.jpg

本日のランチは仙台市青葉区一番町一丁目 「手打ち蕎麦 嘉泉」に決定!

こちらのお店では仙台産常陸秋蕎麦を自家製麺(+180円で手打ち蕎麦に変更可)し挽きたて打ちたてのお蕎麦が頂けるのです♪

さ、さっぱりとお蕎麦を頂きましょう。

osinagaki soba.jpg

手打ちかもせいろに魅かれ・・・・

しかし、その下にひそかに張ってある仙台湾天カレイ蕎麦にも惑わされ。

おや?特製つけめん?

テーブルの上にあるメニューには「仙台つけめん」と書いてある

お蕎麦屋さんでつけめん?ちょっと気になりますねぇ・・・

senndaitukemenn.jpg

こちらが仙台つけめんでございます!

え~~、内容を説明いたします。

tukejiru soba.jpg麺は蕎麦であります。

かつお出汁が香るつけ汁にポイントが隠されておりまして、

上に見えます白い筋状のものはとろろ芋を細く切ったもの。

その下に垣間見えますのは短冊状に?切られたネギ。

右側にほんわりと浮かんで見えるのは天かすでございます。

そして、奥深くには鶏肉が潜んでいる豪華絢爛な布陣で臨む、正に伊達藩御用達仙台つけめんの名に恥じないつけ汁であります!

 soba soba.jpg

蕎麦はもちろん自家製麺。

                 (大盛りなのは秘密です・・・)

当たり前といえば当たり前のことですが、冷たいそばがきちんと冷たくなって出てきます。(そうじゃない店が結構あるのだ・・・)

香り高いそばを、江戸っ子じゃないワタシは、遠慮なく、ざぶりと、つけ汁の奥まで浸し、一気に「ずずずずずぅ~~~~」と啜り込みます!

で、江戸っ子じゃないワタシですので蕎麦も飲み込むようなもったいないことはせず、キチンと30回噛んでから飲み込むのでございます。

 

おおお♪「冷やしとろろ」と「かしわ南蛮」と「たぬきそば」と「ざるそば」のコラボレーション!って入ってるものすべて羅列しただけじゃないかという突っ込みは禁止します。

なかなかおいしいぞ!これは。            motomoti.jpg            

ご主人!これの鴨肉バージョンも希望しますっ♪♪

ん?・・・・あれ?向かいに座ったお兄さんはなんか別皿においしそうな一品が追加で。

 

トッピングで揚げ餅(120円)が追加できるのだそうです。

旨そうなので、ちょっと向かいのお兄さんの一口頂いて・・

あら。そばつゆに合うじゃないの!

次回からは注文しちゃおうとひそかに新年の誓いを立てるワタシであった。

kannshoku.jpg  

 

ごちそうさまです。

美味しゅうございました。

一垂れ残さず完食でございます♪

 

 

 

 

「手打ち蕎麦 嘉泉」さんはかほピョンくらぶパートナー店です。

oyaji soba.jpg  

会員様には「夜の寄り道セット」ご注文の方にもう一品プラスのサービスがあります!

お仕事帰りに軽く蕎麦屋で一杯なんてどうでしょうか。

 

また、かほピョンくらぶでは1月25日から「使ってigattaキャンペーン」パートナー店を利用したら利用したお店の合うテッカーと会員証を写メで送るとクオカード1000円分が抽選で当たるいうキャンペーンを行います。

詳しくは1月25日の河北新報朝刊、かほピョンくらぶのホームページでご確認ください!!!

お得なかほピョンくらぶ会員証を使ってもっともっと得しちゃおうっと♪

 

2009年1月16日 17:36  m-kato

ページの先頭へ