NIEQ&A(8)教育に新聞を利用するメリットは?

|

Q8:教育に新聞を利用することには,どんなメリットがあるのでしょうか?

A8:新聞は情報の宝庫と言われるように,世の中の多種多様な情報が満載されています。教科書や資料集の内容が,編集の都合上どうしても数年前のものになってしまうので,最新の情報を学習者に提供する生きた教材として新聞は大いに活用できます。

新聞の特性としては,以下の例が挙げられます。

・情報量が多く,ニュースの背景や理由など記事の内容が詳しい。
・国内や世界はもちろん,自分の住む地域の情報も手に入る。
・情報が整理され,見出しにより重要性が一目でわかる。
・必要な情報を繰り返しじっくり読める。
・5W1Hが把握でき,信頼できる情報源の一つである。
・安価で容易に入手でき,気軽に切り抜くことができる。
・携帯していつでもどこでも読める。
・縮刷版やデータベースにより過去の情報を調べられる。
・投書欄や社説,意見広告などでいろいろな考えを知ることができる。

 こうした新聞の特性を生かし,教室で多種多様なNIEの実践が可能になります。また,新聞を利用するメリットとして,以下のような情報活用能力の育成に役立つことが考えられます。

・新聞を読む習慣がつくと,読み書き能力の向上が期待できる(情報理解力)
・複数の新聞記事を読み比べることにより,記事の内容を客観的に吟味できる(情報批判力,クリティカルシンキング)
・新聞の見出し,リード文,写真等から必要な情報を素早く読み取り,記事を選択できるようになる(情報選択力)
・収集した複数の新聞記事から,必要な情報を再構成できるようになる(情報処理力)
・新聞から得た情報をもとに自分の考えを練り上げまとめ,新たな情報を作ることができる(情報生成力)

・自分の調べた内容や考えを新聞として発行することにより,情報を広く発信することができるようになる(情報伝達力・情報発信力)
・情報を発信する際のモラルや責任についても理解を深められる(情報社会に参画する態度)

 新聞から情報を得るためには,新聞を手に取り,積極的に活字を読むことになります。テレビから受動的・感覚的に情報を得るのに比べると,面倒かもしれません。しかし,それだからこそ新聞を読むことで深く考えるようになり,思考力も高まるのだと思います。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


このブログ記事について

このページは、宮城県小学校NIE実践グループが2009年8月17日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NIEQ&A(7)新聞の4コマまんがを利用した実践は?」です。

次のブログ記事は「NIEQ&A(9)NIEにおけるメディアリテラシーとは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10