4年国語(伝えたいことをはっきりさせて書く)

|

 平成15年6月25日,仙台市立長命ヶ丘小学校4年1組で,国語「新聞記者になろう」の授業を実践しました。本単元では,実物の新聞に接して新聞の紙面構成や見出し等に関心や問題意識を持ち,読み手を意識して自ら工夫して新聞作りに取り組むことにより,言語の主体的な使い手となって思考力や想像力,言語感覚を養い,さらに他者とコミュニケーションを深めることで豊かな心をはぐくむことをねらいとしました。また,本時のねらいは,新聞の見出しの役割や重要性に気づき,見出しの工夫について考えたり話し合ったりして,新聞作りの意欲を高めることです。

 なお,本実践は,仙台市小学校教育研究会国語研究部会第2地区授業研究会として行われました。

指導案はこちらをご覧ください。 nie2003kokugo4nen.pdf

宮城県NIE推進委員会小学校部会実践事例集「やってみようNIE2004」掲載

実践者名 仙台市立長命ヶ丘小学校(実践当時) 教諭 今藤正彦


このブログ記事について

このページは、宮城県小学校NIE実践グループが2009年8月17日 15:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6年総合(NIEによるメディアリテラシーの育成)」です。

次のブログ記事は「学級活動・国語1年「学級びらき」「ひらがな名探偵ゲーム」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10