算数3年「10000より大きな数をしらべよう」

|

実践の時期:平成15年12月

実践者:鳴瀬町立小野小学校(実践当時) 阿部初恵

実践の概要:教科書の例について読み合い,大きな数が出ている記事に興味・関心を持つ。グループごとに好きな新聞を選び,10000より大きな数が出ている記事を探す。記事を切り抜いて色画用紙に貼り,グループごとに紹介し合う。

経済面や社会面,国際面などに,大きな数が見出しになった記事が多く見つかるので,どの子も「見つける喜び」を感じながら,夢中になって活動に取り組むことができた。数字を読み取るだけでなく,その数字がどんな意味を持っているかといった内容にまで関心が持つ子が多かった。

詳しくはこちらをご覧ください。 sansu3nen01.pdf

宮城県NIE推進委員会小学校部会実践事例集「やってみようNIE2004」掲載


このブログ記事について

このページは、宮城県小学校NIE実践グループが2009年8月24日 13:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝の会3年「新聞記事紹介」」です。

次のブログ記事は「国語4年「新聞記者になろう」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10