生活2年「冬のくらし」

|

実践の時期:平成8年1月

実践者:仙台市立上杉山通小学校(実践当時) 今藤正彦

実践の概要:新聞写真を活用していろいろな冬の事象を発見し、グループで協力して壁新聞にまとめた。冬休み前に児童にクリアホルダーを配布しておいたことで、切り抜きの意欲を持たせることができた。

詳しくはこちらをご覧ください。 seikatu2nen01.pdf

宮城県NIE推進委員会小学校部会実践事例集「やってみよう!NIE」掲載


このブログ記事について

このページは、宮城県小学校NIE実践グループが2009年8月25日 14:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学活2年「地震が起きたら」」です。

次のブログ記事は「宮城県NIE20周年記念研究大会開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10