特活の最近のブログ記事

学活2年「地震が起きたら」

|

実践の時期:平成7年6月

実践者:仙台市立上杉山通小学校(実践当時) 今藤正彦

実践の概要:避難訓練の事前指導として、授業中や休み時間に地震が起きたらどのように行動すればよいかを理解させ、児童の防災意識を高めることをねらいとした。導入と結末の段階で新聞記事を用いることにより、大地震が現実に起きていることを意識づけ、避難訓練に真剣に参加させることができた。

資料:阪神大震災関連記事(H7,1,18 河北新報朝刊),宮城県沖地震関連記事(S53,6,13、14 河北新報朝刊),写真記録( '78宮城県沖地震-その記録と教訓-1978,6,28河北新報社)

詳しくはこちらをご覧ください。 tokkatu2nen02.pdf

宮城県NIE推進委員会小学校部会実践事例集「やってみよう!NIE」掲載


学級活動2年「夏休みの暮らし方」

|

実践の時期:平成15年7月

実践者:鳴瀬町立小野小学校(実践当時) 千葉友吉

実践の概要:朝日新聞平成15年7月9日朝刊「友達助けようと小1おぼれ死亡」の記事を取り上げ,夏休みの安全な過ごし方について児童に考えさせた。

詳しくはこちらをご覧ください。 tokkatu2nen01.pdf

宮城県NIE推進委員会小学校部会実践事例集「やってみようNIE2004」掲載


学級活動・国語1年「学級びらき」「ひらがな名探偵ゲーム」

|

実践の時期:平成15年4~8月

実践者:鳴瀬町立小野小学校(実践当時) 三浦美穂

実践の概要:1年生1学期の段階なので、国語のひらがなの学習や学級活動などで、楽しみながら新聞と触れ合えるように新聞を使ったゲームを通して実践を行った。

詳しくはこちらをご覧ください。 kokugo1nen01.pdf

 宮城県NIE推進委員会小学校部会実践事例集「やってみようNIE2004」掲載


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち特活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは特別支援です。

次のカテゴリは生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10