NIEQ&Aの最近のブログ記事

NIEQ&A(9)NIEにおけるメディアリテラシーとは?

|

Q9:「メディアリテラシー」という言葉をよく耳にしますが,NIEの視点からメディアリテラシーをどのように考えますか?

A9:情報は,多種多様なメディアによって私たちの目や耳に入ってきます。例えば,本,テレビ,ラジオ,新聞,広告,郵便物,電話などです。最近では,インターネットや電子メールが急速に普及し,携帯電話からも手軽に利用できるようになりました。しかし,情報発信が便利になればなるほど大量の情報が溢れるので,本当に必要な価値ある情報を効率よく検索・選択するのは容易ではありません。また,せっかく手に入れた情報が必ずしも信頼できるものとは限らないのです。カメラ付き携帯によるいたずらメールのように,情報が一人歩きしてしまったり,犯罪に使われてしまったりもするのです。
 したがって,情報を鵜呑みにしたり情報に安易に流されたりせず,メディアの特性を十分に理解し,主体的に活用できるようにするメディアリテラシー教育が望まれます。
 活字メディアを代表する新聞は,映像メディアであるテレビとともに,わたしたちの主要な情報源として世論に大きな影響力を持っています。新聞を読みこなし活用できる力は,社会で生きていく上で欠かせない力であり,NIEはメディアリテラシーを向上させるのに大きな役割を果たせるものと考えます。NIEから見たメディアリテラシーを,以下の3つの力として押さえてみました。

(1)「メディアを選ぶ力」
 社会的に影響力の大きいマスメディアを代表する新聞の持つ特性を理解し,情報入手の一手段として新聞を活用することができる力。
(2)「メディアを読み解く力」
 新聞記事の内容をまるごと鵜呑みにせず,記事の背景を理解し複数の情報を比較・検討するなどして自分の頭で主体的に考え判断できる力。
(3)「メディアを使って情報を発信できる力」
 新聞に投書したり新聞を作ったりするなどして,自分の持つ情報を発信して他者とコミュニケーションできる力。

 (2)の「メディアを読み解く力」に必要不可欠なのが,「クリティカル・シンキング」です。「クリティカル・シンキング」は「批判的思考」と訳されますが,全て否定的にとらえるという意味ではありません。「適切な規準や根拠に基づく,論理的で偏りのない思考」であり,問題や情報,その処理過程,結果等の「妥当性の吟味・評価」を担う思考を指します。そのクリティカル・シンキングの基になるのが「クリティカル・リーディング」(批判的読み)であり,NIEで以前から重視されている新聞の複数紙の読み比べがまさにこれに該当します。
 新聞では,事実と意見が明確に区別されており,文字情報であるがゆえにじっくり読み返しができるので,深く思考するのに適しています。教育現場では,テレビを中心にメディアリテラシー教育の実践が進んでいるようですが,新聞もメディアリテラシーを高めるのに有効であると考えます。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


NIEQ&A(8)教育に新聞を利用するメリットは?

|

Q8:教育に新聞を利用することには,どんなメリットがあるのでしょうか?

A8:新聞は情報の宝庫と言われるように,世の中の多種多様な情報が満載されています。教科書や資料集の内容が,編集の都合上どうしても数年前のものになってしまうので,最新の情報を学習者に提供する生きた教材として新聞は大いに活用できます。

新聞の特性としては,以下の例が挙げられます。

・情報量が多く,ニュースの背景や理由など記事の内容が詳しい。
・国内や世界はもちろん,自分の住む地域の情報も手に入る。
・情報が整理され,見出しにより重要性が一目でわかる。
・必要な情報を繰り返しじっくり読める。
・5W1Hが把握でき,信頼できる情報源の一つである。
・安価で容易に入手でき,気軽に切り抜くことができる。
・携帯していつでもどこでも読める。
・縮刷版やデータベースにより過去の情報を調べられる。
・投書欄や社説,意見広告などでいろいろな考えを知ることができる。

 こうした新聞の特性を生かし,教室で多種多様なNIEの実践が可能になります。また,新聞を利用するメリットとして,以下のような情報活用能力の育成に役立つことが考えられます。

・新聞を読む習慣がつくと,読み書き能力の向上が期待できる(情報理解力)
・複数の新聞記事を読み比べることにより,記事の内容を客観的に吟味できる(情報批判力,クリティカルシンキング)
・新聞の見出し,リード文,写真等から必要な情報を素早く読み取り,記事を選択できるようになる(情報選択力)
・収集した複数の新聞記事から,必要な情報を再構成できるようになる(情報処理力)
・新聞から得た情報をもとに自分の考えを練り上げまとめ,新たな情報を作ることができる(情報生成力)

・自分の調べた内容や考えを新聞として発行することにより,情報を広く発信することができるようになる(情報伝達力・情報発信力)
・情報を発信する際のモラルや責任についても理解を深められる(情報社会に参画する態度)

 新聞から情報を得るためには,新聞を手に取り,積極的に活字を読むことになります。テレビから受動的・感覚的に情報を得るのに比べると,面倒かもしれません。しかし,それだからこそ新聞を読むことで深く考えるようになり,思考力も高まるのだと思います。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


NIEQ&A(7)新聞の4コマまんがを利用した実践は?

|

Q7:新聞の4コマまんがを利用した実践はありませんか?

A7:だいぶ前ですが,2年生の国語で実践した例を紹介します。

 1 単元名 「じゅんじょを考えてお話を書きましょう」

 2 目 標
  ・絵に描かれている内容をもとに,順序よくお話を作る。

 3 指導計画(4時間扱い)
  ・教科書の例文の構成を調べて,話の続きを書かせる。(1時間)
  ・教科書の練習題でお話を書かせる。(1時間)
  ・新聞の四コマまんがを利用し,「誰が」「どうした」をはっきりさせてお話を書かせる。(1時間,本時)
  ・自由にお話作りをさせる。(1時間)

 4 授業の展開
 <導入> 
   前時に書いた文章を発表する。
  ・友達の文章の良さや工夫している点を見つけることができた。
 <展開> 
   新聞の四コマまんがを読み,どんな内容か話し合い,順序よくお話を作り,原稿用紙に書く。
  ・渡されたマンガを見て,「あーっ,コボちゃんだ」「おもしろそう」という声があがった。
  ・どの児童も意欲的に取り組んだ。いつもは原稿用紙に1枚も書けない子が,2枚目を書いていた。
  ・主述,会話文,つなぎの言葉などに気をつけて書いていた。
 <結末> 
   できたお話を発表する。
  ・友達の作品の良い点を見つけながら発表を聞いていた。

5 考 察

 本時では,新聞から切り抜いた四コマまんがを拡大コピーして印刷し,児童に配布して利用した。身近な新聞のまんがなので,知っている児童も多かったようだ。また,キャラクターが子供だということで,とても親しみを持って意欲的にお話作りに取り組むことができたように思う。その内容は,幼稚園の先生からカンガルーの話を聞いたコボちゃんが,道端で捨て猫を見つけ,押し入れから探し出したウエストバッグにその猫を入れてカンガルーの真似をするというものである。まんがの中に吹き出しはなく絵だけを手がかりにして文章化していったので,児童一人一人が自らの言葉を用い,その子なりの表現を工夫できたのではないかと考える。

 6 児童の作品例

 今日コボちゃんは,ようち園で,先生にカンガルーの本を読んでもらいました。コボちゃんは,しんけんに聞いていました。
  コボちゃんは,ひろしくんと電しんばしらのそばでサッカーをしているときに,近くでミャーミャーとないているねこを見つけました。こぼちゃんは,ひろって家に帰りました。
  家に帰ったコボちゃんは,おしいれの中からウエストポーチをさがしました。いっしょうけんめいさがしました。やっと見つかりました。コボちゃんは,心の中で,
 「うちでかえるかなあ。お母さん,だめっていうかなあ。」
 と思いました。
「あっ,そうだ。カンガルーのまねをすれば,お母さん,いいよっていってくれるかもしれない。」
  そこでコボちゃんは,おなかのところにウエストポーチをつけてお母さんに言いました。
「ねえ,ねこかって。ぼくの子どもだよ。」
 ところが,お母さんは,
「うちはねこはかいません。はやくもとの場所にもどしてきなさい。」
 と言い,コボちゃんはがっかりしました。

※4コマまんがは,新聞の中ではテレビ欄に次いで多く子どもたちに読まれているところです。朝日新聞では,1923年から4コマまんがを掲載しているそうです。工夫次第でほかにもいろいろな実践ができると思います。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


NIEQ&A(6)新聞社からのゲストティーチャーは?

|

Q6:新聞社の人に学校に来てもらい,授業に参加していただくことは可能なのでしょうか?

A6:はい,可能です。私は3度経験があります。   
 1度目は,新聞記事を利用した環境学習(5年家庭科)の授業を取材に来た記者とカメラマンに,児童が逆に質問をしました。ちょうど社会科で情報(新聞)について学習していたところだったので,たまたま都合よくいったケースです。カメラマンがイチロー選手に会った話に,子どもたちは目を輝かせていました。
 2度目は,6年生の新聞記事データベース(インターネット)を活用した学習をサポートしてもらうために,新聞社のデータベース担当者2名に来てもらいました。プロジェクターを使って,データベースの利用の仕方をわかりやすく解説してもらいました。しかも,期間限定ながら無料で10台使えるようにしてもらいました。この授業の後,その新聞社では,学習利用を前提として教員限定の格安料金を設定しました。子どもたちが生き生きとデータベースを利用している姿を目にした担当者が,教育現場での活用を推進しようと考えたのです。
 3度目は,5年生の総合学習の「情報探検隊」という単元で,社会科とクロスさせて新聞について学習した際,ゲストティーチャーとして大手新聞社の仙台支局長に授業をしてもらいました。ビデオや資料を使っての丁寧な授業でしたが,何よりも長年の記者としての経験に基づいた熱心な話に子どもたちはひきつけられていました。また,児童の細かな質問にも時間をかけて詳しく答えていただきました。子どもたちは,年間を通して新聞記事の切り抜きに取り組んでいましたが,この授業によりさらに新聞というメディアへの興味・関心を高めました。
 このように,新聞社が教育現場に足を運び教員と協力する姿こそがNIEの真骨頂だと考えます。しかし,残念ながら新聞社によっては社内の都合により記者の派遣を断る場合もあります。子どもたちは,授業に参加してくれた新聞社にとても親しみを持ちますので,新聞社の前向きな対応に期待したいと思います。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


NIEQ&A(5)新聞の投書欄を活用した実践例は?

|

Q5:新聞の投書欄を活用した実践例はありますか?

A5:新聞には,記者の書いた記事のみならず,幅広い年齢層の読者から寄せられた投書欄があります。この投書欄は,いろいろなものの見方や考え方があることを知る上でとても貴重です。
 平成14年当時,光村図書6年上国語の教科書に,「二つの意見から」という単元がありました。①新聞の投書をもとに問題を考え,②資料を持ち寄って調べ,③討論会をし,④意見文を書くという流れです。私の学級でも,教科書の流れに沿って学習を進めました。

①新聞の投書をもとに問題を考える
 まずは児童一人一人が興味や関心を持った投書を家庭で切り抜いてきます。それをA4の紙に貼り,投書の内容が端的にわかる見出しを大きく書かせ,投書に対する自分の意見を書かせます。黒板に全員の紙を掲示し,簡単に発表させます。その後,一人一人に小さな丸シールを渡します。子どもたちは休み時間を利用して,クラス全体で詳しく考えたい投書を選びシールを貼ります。これで投書が一つに絞られます。本学級では,「気持ち伝わる手書きの便り」という投書が選ばれました。内容は,携帯電話などによるメールよりも手紙の方が気持ちを伝えやすいというものです。投書を印刷して配り,自分の意見をはっきりさせます。A)手書きの方が気持ちが伝わる,B)メールは便利だし気持ちも伝えられる,C)どちらともいえない,の3つの立場に分かれました。
 
②資料を持ち寄って調べる
 自分の考えを深めるために,家族にインタビューしたりインターネットで調べたりし,ノートにまとめました。手紙とメールの長所と短所を表にまとめている児童が多かったようです。

③討論会(パネルディスカッションの形式)
 A・B・Cの3つの立場から二人ずつ代表者が出て討論会を行いました。代表者が意見を述べた後,参加者による質疑応答をし,最後に参加者が自分の意見を発表しました。5年の時に行ったディベートとは進め方が異なりましたが,教科書を参考にしながら司会者がうまく進めていました。

④意見文を書く
 討論の経験を生かして考えを深め,文章全体の組み立てを考えて意見文を書きます。自分とは反対の意見を踏まえた上で結論を書きます。

 以上のような流れで実践しましたが,子どもたちが切り抜いた投書には,生活マナーや環境問題,動物愛護,教育問題等,中学生から高齢者まで幅広い年齢層の意見がありました。こうした学習をきっかけに,投書欄にも興味を持って読んで欲しいと思います。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


NIEQ&A(4)「NIE」と「新聞教育」の違いは?

|

Q4:「NIE」は,古くからある「新聞教育」とどこが違うのでしょうか?

A4:「NIE」は,教員と新聞社が協力して,教育の場で新聞を活用する活動のことです。新聞社にとっては,将来の読者を育てることにもつながります。狭い意味でNIEを定義するならば,「日本新聞協会加盟の新聞社等が発行する一般紙を利用した教育活動」と言えるでしょう。代表的な例としては,各教科や領域において一般紙を補助教材として使ったり,日常的に記事をスクラップしたりする活動が挙げられます。しかし,最近は新聞づくりや新聞機能学習も含めた幅広い内容で,NIEとしての実践が工夫・展開されています。したがって,NIEと新聞教育の活動内容をあえて区別する必要はないものと考えます。
 「新聞教育」は,NIEが提唱されるずっと前の昭和20年代から教育現場で行われてきました。特に新聞づくりが盛んで,現在毎日新聞社と全国新聞教育研究協議会(全新研)が共催で行っている「全国新聞コンクール」がスタートしたのは,戦後間もない1951年だそうです。全新研の第1回大会は,1958年8月に東京で開催されました。全新研では,もともとは新聞づくりを活動の中心としてきましたが,第30回の東京大会で「NIE運動」が初めて提唱されました。近年になり,新聞教育の3分野として,「新聞づくり」・「新聞利用学習」・「新聞機能学習」が提示されるようになりました。全新研では,「新聞利用学習」を「狭義のNIE」として位置づけています。
 全新研の第32回宮城大会(平成元年)の研究主題は,「集団を高め,心豊かな子どもを育てるための新聞教育を求めて」となっており,サブテーマDとして「NIE運動-新聞を生きた教材として活用する授業の研究-」と記されています。主題からは,特別活動のねらいの意味合いが色濃く出ています。それに対して,第43回神奈川・横須賀大会(平成12年)の主題は,「自ら学ぶ・生きる力を培う新聞教育-新聞づくり・NIEを通して総合的な学習へのアプローチ-」,第52回横浜大会(平成21年)の主題は,「心を育て心をつなぐ新聞教育-コミュニケーション力の深化-」となっています。新聞教育が教育活動全体に大きくダイナミックに関わるようになってきていることがわかります。
 私自身は,新聞づくりがきっかけでNIEにも興味を持つようになりました。教員になって2年目からこれまで,学級を担任した年は必ず学級新聞をつくりました。私の場合,生活班で毎週交替しながら週刊で発行しています。クラス全員が書き手と読み手を経験するので,学級新聞への関心も高く,熱心に書いたり読んだりしています。他に,学習新聞(個人新聞)をつくることもあります。こうした経験から,私の場合「新聞教育」=新聞づくりというイメージが強かったのですが,NIEにも取り組んでいくうちに新聞教育とNIEがすっかり重なるようになりました。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


NIEQ&A(3)低学年の「NIE」は難しい?

|

Q3:新聞には難しい漢字がたくさんあるので,小学校(特に低学年)でNIEを進めるのは無理だと思うのですが・・・

A3:確かに新聞は文字の量が膨大で難しい表現もたくさんあり,小学生が大人と同じように全ての紙面を読みこなすのには無理があります。しかし,新聞には文字情報だけではなく,写真やイラスト,図や表,グラフなど様々な形の情報が豊富にあります。ですから,学年の実態に合わせて無理なくできるNIEを進めていけばよいのです。
 私の経験でいうと,高学年よりも低学年の方が喜んで新聞の切り抜きに取り組みました。2年生を担任した時の実践ですが,新聞紙面から好きな写真を見つけてはさみで切り抜き,真っ白のA4サイズの紙にのりで貼ります。余白に新聞名と発行日,簡単な感想を書きます。慣れてくると,写真と一緒に見出しや記事も切り抜いて貼ったりします。掲示板に掲示しておくと,休み時間に見ています。
 たった1枚の写真を切り抜くために,子どもたちは真剣に新聞に目を通します。その作業を通して,無意識のうちに,新聞のどんな場所にどんな記事が載っているか把握していきます。情報収集・選択の基礎的な力が身に付いていきます。また,感想を書くために思考力を働かせます。自分が選んだ写真だから,その子なりの愛着やこだわりを持って文を書きます。子どもの中では,コメントを書くことによって情報が再構成され,自分のものになります。さらに掲示して見合うことで,情報が発信され共有化されます。こうした一連の活動を,楽しい雰囲気の中で無理なく進めることができました。
 また,家庭の協力を得て,冬休み中に冬に関する写真をたくさん集めさせました。その写真を使って,1月に生活科の「冬のくらし」の学習を行いました。実に様々な冬の季節ならではの写真がたくさん集まりました。その写真をもとに,冬の事象を発表し,黒板上で仲間分けしていきます。さらに,その写真を用いて,グループごとに冬を紹介する壁新聞を作りました。壁新聞に貼る写真を選ぶ子どもたちの目はとても真剣でした。この実践の後,牛乳パックと竹の割り箸を利用した手作り編み機でマフラーを作ったり,冬の町探検をしたりして冬の発表会をしました。(上記の実践は日本新聞協会NIE委員会編「1995年度NIE実践報告書」に掲載されています。)
 生涯学習という長期的な視野でとらえれば,小学校はNIEの入門期にあたります。まずは「新聞に親しむ」ということを目標にして,無理のない楽しいNIEの学習に取り組んでみてはいかがでしょうか。新聞を購読していない家庭への配慮も忘れずに。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


NIEQ&A(2)「NIE」のはじまりは?

|

Q2:「NIE」は,いつ,どこではじまったの?

A2:NIE発祥の地はアメリカです。1955年,青少年の文字メディア離れを憂慮したアイオワ州の地方新聞社が,米国教育協会と共同で取り組んだ「教室に新聞を」(NIC)運動が,組織的にNIE活動に取り組んだ最初とされています。
 日本では,1985年に新聞界で初めてNIEが提唱され,1989年(平成元年)5月に「東京NIE推進委員会」が設立されました。以降日本新聞協会NIE委員会を中心として全国的にNIE活動が推進されていきます。1998年3月には,財団法人日本新聞教育文化財団が発足し,現在は横浜の日本新聞博物館内にNIE支援の核となる「NIE全国センター」があります。
 宮城県では,1987年12月に河北新報社内に河北NIE推進委員会が設置され,1989年7月に教育委員会や校長会も交えた宮城県NIE委員会と,その下部組織である宮城県NIE推進委員会ができました。現在,河北,朝日,毎日,読売,産経,日経の6新聞社と,共同通信,時事通信の2通信社が加わっています。県内の教員は,希望すれば誰でも無料で推進委員になることができ,毎年刊行される研究集録やNIEに関する資料,研究会の案内等を送ってもらえます。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


NIEQ&A(1)「NIE」とは?

|

Q1:「NIE」って,いったいなんなの?

A1:「NIE」は「Newspaper In Education(教育に新聞を)」の略で,「エヌ・アイ・イー」と読みます。教員と新聞社が協力して,教育の場で新聞を活用する活動のことです。子どものころから新聞に日常的に触れることで活字離れを防ぎ,大人になっても新聞を読んで社会に関心を持ち,世の中に主体的に関わっていこうとする人を育てるのがねらいです。

仙台市立黒松小学校 教諭 今藤正彦


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちNIEQ&Aカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはNIE資料です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10