横断歩行者の連続死亡事故発生

  • 投稿日:
 4月4日から5日にかけて死亡事故が連続発生しました。  4日の午後7時30分頃に石巻市桃生町の県道で、普通乗用車が横断中の歩行者をはねて70歳代の女性が亡くなりました。  5日の午後10時頃には、富谷町の国道交差点で普通乗用車が横断中の歩行者をはねて70歳代の女性が亡くなりました。  本年中に県内で発生した交通死亡事故13件のうち、5件は歩行者がはねられる死亡事故で、すべて夜間帯において発生しています。  運転者のほとんどが衝突直前まで歩行者に気付かなかったと証言しています。  昼間に比べて視認性が悪くなる夜間帯においては、より一層周囲の安全確認を行い運転に集中しましょう。  歩行者は、左右の安全を十分に確認してから横断歩道を渡り、無理な横断はやめましょう。  また、夜間に外出する際には、明るい目立つ服装を着用し、反射材等を有効活用しましょう。