交通死亡事故連続発生!

  • 投稿日:

 4月15日(水)、仙台市青葉区芋沢地内と大崎市松山地内で交通死亡事故が連続発生しました。
 仙台市の事故は、70歳代男性が運転する普通乗用車が対向車線にはみ出して普通トラックと衝突したほか、更に軽自動車と中型トラックがこの事故に巻き込まれ、軽自動車を運転していた70歳代の男性が亡くなりました。
 大崎市の事故は、80歳代男性が運転する軽自動車が対向車線にはみ出して普通乗用車と衝突し、軽自動車の運転手が亡くなりました。
 いずれも、アップダウンやカーブが連続する郊外の主要幹線で発生していること、対向車線へのは見出し事故であること、高齢ドライバーに起因する事故であること等の共通点があります。
 スピードが出やすい郊外道路では規制速度を遵守し、緊張感を持って運転するようにしましょう。
 高齢ドライバーの方は、ご自身の体調管理に配意の上、更に慎重な運転を心がけましょう。
 また高齢ドライバーの型が車で出かける際には、ご家族の方は安全運転について声がけをしましょう。