伊具丸森町内において交通死亡事故発生

  • 投稿日:

○ 5月8日正午頃、伊具郡丸森町内の国道113号で、60歳代の夫婦が乗車した軽乗用車が対向してきた大型ダンプカーと正面衝突して、軽乗用車の助手席に乗車していた女性が死亡し、運転していた男性が重傷を負う交通事故が発生しました。
 県内では、今年になってから正面衝突による交通死亡事故が6件発生して6人の方が亡くなっており、うち4件は高齢ドライバーが関係しています。
◎ 運転中に疲労や眠気を感じたら、運転を中止して休憩を取るように心掛け、運転するときは、常に緊張感を持って事故を起こさないように注意しましょう。
 5月11日から春の全国交通安全運動が展開されます。青葉が目に眩しいこの季節、ドライバーをはじめとする交通に関わる全ての方が、交通ルールを遵守して、安全で安心な地域社会の実現を目指しましょう。