仙台市内で歩行者の関係する交通死亡事故発生!

  • 投稿日:

 8月26日(水)午後11時40分頃、仙台市若林区大和町地内の市道上において道路にいた60歳代男性歩行者が、交差点を右折した60歳代女性運転の普通乗用車にひかれ死亡する交通事故が発生しました。
 今年、県内では36件(死者36人)の交通死亡事故が発生しており、そのうち、4割以上の15件(死者15人)が歩行者の死亡事故で、全て夜間に発生しています。

○ 通り慣れた道路でも油断は禁物、夜間は前照灯を上向きにして、前方の視界を確保してください。交通量が多く、上向き照射ができないときは、速度を落とし、慎重な運転を心がけてください。
  また、歩行者事故の場合、歩行者側にも何らかの違反が認められるケースが多々あります。ドライバーも歩行者も、交通ルールとマナーを守りましょう。