高齢運転者による単独死亡事故が連続発生!

  • 投稿日:

8月29日(土)午後3時45分頃、仙台市泉区実沢の東北自動車道で、普通乗用車が進路左側のガードレールに衝突し、運転していた70歳代男性が死亡。
また、8月30日(日)午後1時15分頃には、山元町高瀬の町道で、普通乗用車が進路左側の電柱に衝突し、運転していた70歳代男性が死亡するなど、高齢運転者による交通死亡事故が連続発生しました。
今年に入ってから県内で発生した交通死亡事故は38件38人で、うち13件13人(構成率34%)が、65歳以上の高齢運転者による事故です。

○運転の際は緊張感を持ち、慎重な運転をしましょう。
○雨などの悪天候時の高速運転は大変危険です。視界が悪くなるほか、路面状態が悪くなり、スリップを起こしたり、ハンドルやブレーキが効きにくくなるおそれがあります。悪天候時は、いつも以上に慎重な運転を心がけてください。