横断歩行者の死亡事故が発生!

  • 投稿日:

9月2日(水)午後6時35分頃、加美町下野目の国道347号で、直線道路を進行していた70歳代男性の運転する軽貨物車が、道路を横断していた60歳代男性歩行者をはね、歩行者が死亡する交通事故が発生しました。

今年に入り、県内では40件40人の交通死亡事故が発生しており、うち4割にあたる16件16人が歩行者の死亡事故です。
前年同期比では、交通事故死者数は9人減少ですが、歩行者の死者数は3人増加になります。

○これからの季節は、日没がどんどん早くなり、夕暮れ時の歩行者事故がさらに増えるおそれがあります。
ドライバーは『早めに前照灯を点灯する』、歩行者は『反射材やLEDライトを活用する』などして、早めにお互いの存在に気付くよう心がけましょう。