高速道路と青葉区内で交通死亡事故が連続発生

  • 投稿日:

 8月28日(日)午後0時20分ころ、東北自動車道上り線において、普通乗用車が路肩ガードロープに衝突横転し、後部座席に乗車していた乳児が死亡する交通事故が発生しました。
 高速道路では、ちょっとしたよそ見や操作ミスが重大事故につながります。運転に集中し、速度の出し過ぎに注意をして下さい。また、シートベルトは全席で着用しましょう。
 また、8月29日(月)午前1時10分ころ、青葉区内の市道交差点において、軽貨物自動車と自転車が衝突し、自転車を運転していた60歳代男性が死亡する交通事故が発生しました。
 交差点を通過するときには、前方左右の安全確認をしっかり行って、横断する自転車や歩行者の有無はもちろん、その動き等に注意した運転を心がけましょう。
 県内では、8月29日現在38件42人の交通死亡事故が発生しており、前年の同時期に比べ1件5人の増加となっています。