交差点での交通死亡事故が発生!

  • 投稿日:

 10月14日(金)午前8時30分頃、仙台市青葉区内の市道交差点において、右折の普通乗用車と直進の大型二輪車が衝突し、大型二輪車を運転していた40歳代の男性が死亡する交通事故が発生しました。
 宮城県内では、9月には11人、10月に入ってからも既に5人の方が交通事故で亡くなっています。
 10月6日(木)、宮城県知事による「交通死亡事故多発緊急事態」が宣言されました。これは、続発する交通死亡事故に歯止めをかけるために、宣言の日から1か月間、市町村や関係団体の協力を得ながら、県民総ぐるみによる交通死亡事故抑止対策を積極的に推進しようとするものです。
 10月の交通死亡事故は、5件中4件が交差点で発生しています。
 交差点を通過するときは、信号や一時停止を確実に守ることはもちろん、周囲の安全を確かめ、あわてずにゆずりあいの心で安全運転を心がけましょう。
 一人一人が「交通ルールの遵守」と「正しい交通マナーの実践」を通して、交通事故を防ぎましょう。