正面衝突による交通死亡事故が発生!

  • 投稿日:

 12月4日(日)午後5時15分ころ、白石市内の国道において、40歳代の男性が運転する普通乗用車と50歳代の男性が運転する普通貨物車が正面衝突し、普通乗用車の運転者が死亡する交通事故が発生しました。
 宮城県内では、今年に入ってから65人の方が交通事故で亡くなっています。亡くなった方のうち30人が四輪車乗用中で、そのうち8人が正面衝突による事故となっています。
 運転を長時間続けると、漫然運転や過労運転につながります。適宜休憩をとって、運転に集中しましょう。
 また、これからの季節、路面の積雪、凍結によるスリップ事故の危険性が高まります。確実に冬タイヤを装着し、安全な速度と車間距離を保って運転しましょう。
 一人一人が「交通ルールの遵守」と「正しい交通マナーの実践」を通して、交通事故を防ぎましょう。