路外逸脱による交通死亡事故が発生!

  • 投稿日:

3月12日(日)午前9時55分ころ、大崎市内の市道において、80歳代男性の運転する小型特殊車が、道路右側の側溝に転落し、運転者が死亡する交通事故が発生しました。
県内では、今年に入り6件6人の交通死亡事故が発生しており、うち4件が、正面衝突や路外逸脱など、自車線を逸脱しての事故です。
車線逸脱の事故は、重大な被害に直結します。運転中は緊張感を持って、適正な速度の維持と、ハンドル・ブレーキの確実な操作に集中しましょう。
一人一人が「交通ルールの遵守」と「正しい交通マナーの実践」に努め、交通事故を防ぎましょう。