名取市内で歩行者がはねられる交通死亡事故が発生

  • 投稿日:

4月1日(日)午後6時50分頃、名取市手倉田地内の県道上において、軽乗用車と道路を横断中の歩行者が衝突し、歩行者の70歳代女性が死亡する交通事故が発生しました。
県内では、今年に入り15件16人の交通死亡事故が発生しており、その内7件7人が歩行者の関係する死亡事故です。
車両を運転する場合は、前をよく見て運転するとともに、早めのライト点灯と歩行者や自転車の飛び出しにも対応できる安全な速度で走行しましょう。
また、歩行者は反射材を着用するとともに、道路を横断する際は左右の安全を必ず確認し、遠まわりでも横断歩道を利用しましょう。