ウイルス感染を狙うメールに注意!

  • 投稿日時:

日本サイバー犯罪対策センターよりインターネットバンキングマルウェア(ウイルス)の感染拡大を目的としたメールが、日本を標的として大量に送信されているとの注意喚起がなされています。
これらの悪質なメールは、件名が
 「立替金報告書の件です」「申請書類の提出」「注文書の件」「請求データを送付します」「納品書フォーマットの送付」
などとなっており、メールの添付ファイルを開いたり、メール本文中のリンクを選択することで、ウイルス感染を狙うものです。
このウイルスにパソコンが感染すると、インターネットバンキングのIDやパスワードが盗み取られ、不正送金などの犯罪被害にあうおそれがあります。
これらのメール以外にも、犯罪被害につながるメールは多数配信されていますので、添付ファイルの開封や、リンク先サイトの閲覧を促すような不審なメールには十分に注意して下さい。
詳しくは、日本サイバー犯罪対策センターの「不正送金等の犯罪被害につながるメールに注意」
https://www.jc3.or.jp/topics/virusmail.html
をご確認ください。