女性に対する連続不審電話事案

  • 投稿日時:

10月下旬から11月上旬にかけての間、県北の小・中学校や仙台市と多賀城市の金融機関に対し、市役所職員または健康診断業者を名乗る男が電話をかけ、電話対応した女性に「健康診断の結果で気になる点があったため、電話した」「尿検査で反応が出た」「性病の疑いがある」などと説明した後、問診を装って卑わいな内容の話をしたり、対応した女性の性的なことや個人情報を聞き出そうとする不審電話が連続発生。
※男の特徴:年齢20〜40歳、非通知電話番号
○健康診断の結果を電話で通知することはありませんので、安易に相手の話を鵜呑みにせず、回答する前に周囲の者や最寄りの警察署等に相談しましょう。