2010年4月26日

言い訳は申し上げますまい・・・

 とか何とか言って、ちゃっかり筆無沙汰の「言い訳」です。
 実は3月10日、仙台に大雪が降った日に自宅マンション前で転び、左手首を骨折。全治4週間を医者から申し渡され、不便な1ヶ月を過ごしておりました。仙台生活も7年目ですが、こんなに雪が降った冬は初めての経験だったし、もちろん雪で転んだのも初めてでした(--;)
 かような事態ではありましたが、骨折した翌週に愛南町(愛媛県)と福岡市への出張が予定されており、ギプスしたままの「カッコ悪い」講演をこなしました(^^;)
 「ただでは転ばない」精神で、福岡市内では自由時間を見つけて、「全国で一番視察の多いスーパー」といわれる「ハローデイ」と西神商店街を見てきました。
 不景気にも関わらず「ハローデイ」店内はディズニーランドのようなディスプレイに次から次へとお客様。そして「庶民の味方」は西神商店街の「元気っぷり」をお見せします。
10004.jpg10001.jpg

投稿者 fms : 13:29 | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月16日

仙台駅にて農商工連携"宝さがし"in 仙台 開催中です!

 今日、明日とこれまで農商工連携事業を行ってきた東北の事業者34社が出店しているイベント開催中です。弊社も自社ブランド「宵の奥松島」から「炙り蒲鉾」&「金華鯖のスモーク」を、そして現在ブランド化のお手伝いをしているJA栗っこのパプリカ&かぼちゃの米粉ケーキ、JA仙台の曲がり葱のケークサレを販売しております。また展示だけですが、JA加美よつばのバッハオニオンを使った新商品のコーナーもありますので、ぜひぜひお立ち寄りください。
 また1日3回、PRタイムがあり、弊社のスタッフやJA職員の方々が上記の商品を説明します。制限時間3分という限られた時間内で工夫を凝らしたセールストークも一聴の価値あり(?)
 明日は10時から19時までの開催。皆様のお越しをお待ちしております。(三輪)

投稿者 fms : 17:31 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日

年明けから既に3週間・・・

 大変ご無沙汰しております。知人、友人からブログ更新をマメにやれ、とお叱りを受ける今日この頃、10月以来、音沙汰なしにしており本当に申し訳ありません。
 昨年11月末に、東北農政局主催で、九州や福井から農商工連携プロデューサーをお迎えし、メディアテークにてシンポジウムを開催したのが年末の最大イベントでした。これらのプロデューサー書諸氏とは昨年2月に東京で「プロデューサー会議」が開催された際にお目にかかり、意気投合?して11月のシンポジウム開催にこぎつけたという経緯があり、前日から仙台にお越しいただき、JA仙台の協力で曲がり葱の産地見学などもいれ、各氏から曲がり葱生産拡大に向けたいろいろなアドバイスをいただいたことも収穫の一つでした。
 中には「曲がっていることを強調するためにも鍋には葱を切らずにそのまま入れるべき」など、産地では思いつかないようなご意見もありました。一度やってみようっと。(^^;)
 年明けも曲がり葱の美味しさを伝えるべく商品開発に励んでいます。曲がり葱に暮れ、曲がり葱に明け、本当に今、おいしい季節です。鍋はもちろん炒め物、煮物ととりあえずはこの季節、常備している三輪でございました。今後も怠りなくブログります!よろしく。

007.jpg

投稿者 fms : 16:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日

JR仙台駅でイベント販売を開始しております!

 台風が去り、秋晴れの連休でしたね。皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。
さて連休明けの昨日より、昨年度も参加させていただきました「仙台・宮城『伊達な味と匠達』フェア」に今年もFMSブランド商品が出品しています。
 今回は初登場の「宵の奥松島」ブランド、金華鯖とトラウトサーモンのスモーク(燻製)がお目見えしている他、気仙沼のサバ、サンマの二度干しなど、酒の肴にぴったりの水産加工品を中心に品揃えしました!仙台駅にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。
 秋の夜長、じっくりのんびりと日本酒を味わいながら、脂ののったサバやサンマ、サーモン、(あれ、3Sですね!)をご賞味くださいませ!!!

投稿者 fms : 16:17 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日

25日&26日は泉マルシェに出店!

 先週末はいいお天気でしたね。事後報告になりますが、泉中央駅のぺデストリアンデッキで開催された「泉マルシェ」にFMSも出店しておりました。今回は泉区内ではおそらく初登場!のケークサレを中心に飲食、販売を実施しました。
 「ケークサレって何?」という方もいらっしゃると思います。フランスでは家庭料理のようなもので、よく作られ、食べられていますし、マルシェでも販売されている、野菜や肉、魚介類などをいれた、いわば「甘くないケーキ」でして、因みに「サレ」とはフランス語で「塩の」とか「塩漬けの」とかの意味。
 ぴんと来ないかもしれませんが、フランスの「お好み焼き」みたいな?(^^;)チーズなども入っていて、スイーツというよりもワインの肴のような感じで、私は好物リストに早速いれております。
 首都圏では東京・中目黒にある「カフェ・ド・ベルサイユ」が1年前から製造販売しており、ブレークしていると聞きます。因みにこのお店のディレクターはなんと私の大学の同級生!
 3ヶ月前に判明し、電話でやりとりながら、仙台曲がりねぎを使って新商品を試作してもらったところ、これが大変好評でしたので、ついに販売するに至ったのでした。
 曲がりねぎを提供してくださったJA仙台のメンバーとカフェの雰囲気で販売している様子を写真でお見せします。おかげさまで完売いたしました。ご来場いただいた皆様、そしてお買い上げいただいたお客様、本当にありがとうございました!泉マルシェ、とてもいい企画イベントでした。また開催してほしいですね(三輪)


090925030.jpg

090926043.jpg

投稿者 fms : 17:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日

ルーブル美術館は大賑わい!

世界三大美術館といわれるルーブル美術館に行きましたが、
こんなに混雑しているルーブルにはびっくりでした!
欧米の美術館は憧れの絵画も彫刻も触れるほどの距離で見ることが出来、
しかも写真撮影も模写も許されています。
これほどの人だかりで彫刻が押し倒されたりしないか?
絵画にキャンディやガムをくっつけたりする不逞の輩はいないのか?
とつい心配になってしまいますが、過去おとずれた時と変わらぬままでした。

419.jpg

写真は「モナリザ」のあるドゥノン翼の2階ですが、
いつもはゆったりと見学できるフロアが身動きできないほどの混雑ぶり!
2年前に公開されて流行した映画「ダヴィンチ・コード」のおかげでしょうか、
私は「モナリザ」に近寄ることも出来ませんでした。
多いのはアメリカ人、イギリス人、中国人ですが、
その中に混じってフランス兵の姿がちらほら見られるのは
「フランス革命記念日」が近い証拠。軍事パレードに参加するため
地方の駐留地から続々と集まってきた若いフランス兵たちも
「観光気分」なルーブルでした。(三輪)

投稿者 fms : 17:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日

BIO Marshe(ビオマルシェ)が楽しかったです!

前回お伝えしたとおり、「東京化(?)」したパリには少しがっかり気味の三輪でしたが、日曜日にホテル近くの通りで開催されている「ビオ・マルシェ」つまり英訳すれば「オーガニックマーケット」ではとても楽しく過ごしました。ここはその名のとおり、オーガニックの農産物や乳製品、日用品などを地方から作り手が持ち寄って販売している市場で、「そそられる」商品がいっぱいありました。
 ホテルに持ち帰って食べた野菜のタルトやジャガイモのガレットにワイン、とても美味しかったですし、ハーブ等をたっぷり使ったプロバンス産の石鹸や香水、鮮やかな色のテーブルクロスなど、何より「お洒落」であることが嬉しいですね。フランスでは「オーガニック」認証マーク自体もお洒落で(ワインなど飲料は可愛らしいテントウムシのマーク)、これなら認証してもらいたいと思いたくなるような。 買物客の大半は中高年層で大きなエコバッグを持った男性の姿も目立ちました。いや、「東京化(?)したパリ」を逃れて、ゆったり買物をしたいと思う「中高年の気持」はどこも同じようで(^^;)。

8397.jpg
ラスパイユ通りで毎日曜日に開催されるビオマルシェ

8402.jpg
テントウムシのマークが可愛いオーガニックワイン

投稿者 fms : 17:01 | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月23日

パリ行ってきました!

 会社創立以来はじめて(^^;)夏季休暇をとり、17年ぶりにパリに行ってきました。いや、もうあまりのパリの変貌ぶりに、ちょっとしたカルチャーショックを受けて帰ってきました!
 まず、フランス語で話しかけると英語で答えが返ってくる!これはかつては考えられないことでした。ご存知の方もいるかと思いますが、フランス人は世界でも自国語に最も誇りを持っている国民として知られ、例え相手が観光客であろうが、本当は英語を理解していようが、フランス語しか話さないという、観光客には手強い人たちだったのですが、この心配が少なくともホテルやレストラン、ショップではまず殆どありませんでした。「かつて」を知っているだけにいや、もう、びっくり!
 さらに支払いの際に出すと必ず拒まれたアメリカン・エクスプレスカードをかなり使えるようになっており、これも驚いたことの一つ。世界的な不景気がフランス人の見栄もプライドもかなぐり捨てさせた、とコメントしている人もいましたが・・・
 さらにさらに、今やファッションの中心になっているのはGAPやH&Mといった大衆路線のファッション店舗で、高級ブランド店はひと頃に比べて影の薄い存在です。巷ではハローキティが流行しており、鞄や携帯ストラップなど、「エロキチ(ハローキティをフランス語読みするとこうなります)」グッズを至るところで見かけました。(^^;)
 何だか東京にいるみたいで違和感が全くなく、いいことなのか悪いことなのかわかりませんが、ひどくパリを近いものに感じてしまいました。
 写真はマレ地区と古くからあるムフタール市場にあるチョコレートショップのものです。プレゼンテーションが垢抜けているのは、まだ「パリらしさ」が残っていることの証。ちょっとほっとしました。 さてさてしばらくは「パリ訪問記」をご紹介していきたいと思います。(三輪)


348.jpg
マレ地区のチョコレートショップ。日本人女性の店員さんがいました。

377.jpg
ムフタール市場のチョコレートショップ。クリアブルーが目にしみます!

投稿者 fms : 16:41 | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 7日

農商工連携ブーム!?

 昨秋くらいから頻繁に「農商工連携」という言葉を聞くようになりましたね。農水省や経産省のHPを見ると関連事業情報が満載で、セミナーや委員会も続々立ち上がっています。
 関係者の間でよく話題になるのは「農商工連携」って何?という質問。実は定義があるようでないのがこの言葉なんですが、今やまるで昔からあった言葉のように「一人歩き」を始めているようです。
 さて、昨年度から開始した「農林水産物・食品地域ブランド化支援事業(農水省)」では今年2月頭に採択された23案件で「プロデューサー」を務める方18名を集めて「プロデューサー会議」を開催しました。実は私もその一人として参加しまして、こんなにプロデューサーがいるんだ、とちょっと感激してしまいました!というのも、プロデューサーという仕事は皆さんが思う以上に大変ストレスの溜まる仕事でして、一人で悩むこともたびたびなのですが、同じような悩みや課題を抱えている方々にあえて、ちょっと嬉しくなってしまった次第です。
 あれから既に5ケ月以上たちましたが、その時に知り合った何人かの方とは未だに情報交換をしています。その彼らと話した「農商工連携」の定義を簡単にまとめると、こんなことでしょうか。
(1)農商工に携わる関係者が有機的な結びつきを行うことにより
(2)各自にプロフィットもしくはベネフィットがあること
(3)さらにこの連携が地域の振興もしくは産業の発展に寄与すること
そしてプロデューサーというと、聞こえは一瞬カッコよさげではありますが、このような目標に向かってお手伝いする、あくまでも「縁の下の力持ち」であることを自覚したいものだと話しておりました。
 いずれにせよ、地方の時代が本格化している、これも一つの兆しです。(三輪)

投稿者 fms : 10:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日

ワインセミナーを開催しました!

 6月4日および5日、東京からワインコーディネーターの先生をお呼びし、白石、仙台で弊社主催のワインセミナーを開催しました。30年以上もワインの知識や呑み方ををわかりやすく説明しながらワインの普及に努めてこられた船橋先生のご指導の下、私たちは宮城県のブランド食材を使ったメニューを提供し、参加者の皆様には「意外にも」ワインにも合う地元食材をしっかり味わっていただきました。写真は仙台市内のあるマンションのコミュニティスペースをお借りして実施した様子で、スタッフがエプロン姿でメニューを調理中の様子です。(^^;)
 おかげさまでワインも料理も大好評で、次回は日本酒で同じようなセミナーを開催したいと考えています。やはりお料理には何らかのお酒、ですよね。下戸の私でさえ、ちょっとでいいからお料理に合うワインか日本酒があればいいなと思うこと、あります。
 さて、メニューはいずれもご家庭で簡単に作れるものばかり!いずれはFMSのメニューブックを製作し、皆様にもご提案できればと思っています。乞うご期待です!!(^^)

DSC0906222.JPG
DSC090622.JPG

投稿者 fms : 11:46 | コメント (2) | トラックバック (0)