2006年1月24日

TITLE|円菓(まどか)

THEME|食のよもやま話し

 とてもステキなお店を教えて頂きました。

泉区寺岡の住宅街の一角にあるそのお店は
「円菓(まどか)」という昨年8月にオープンした和菓子屋さん。

madoka_gaikan.jpg madoka_nama2.jpg madoka-nama3.jpg
madoka_chinretu.jpg madoka_tamamai.jpg

シンプルな造りの店構えに思わずウットリしつつ中へ。

暖簾をくぐると、そこには和菓子屋さんでよく見かける
ショーケース類は一切なく、お菓子がひとつひとつディスプレイ
されており、とにかくオシャレ!!

季節の上生菓子が実に彩り良く
並べられており、もうアレもコレも~という欲求を抑えるのが
すごく大変でした(笑)


こんなユニークなものもあります↓

madoka_kobara.jpg madoka_manpuku.jpg

「こばら」というネーミングのどら焼き。
それが10個入りの箱詰めになると「まんぷく」に
変身しちゃいます。ふふ


あっちもこっちも欲しい~というはやる気持ちを抑えつつ、
とりあえず私がチョイスしたお菓子達です。

madoka_kashi.jpg madoka_kashi5.jpg madaka_kashi4.jpg madoka_kashi2.jpg kadoka_kashi3.jpg

いかがでしょう?ほんと 目にも艶やかですよね。
個人的には一番左側の抹紅(日本茶と紅茶を使ったという
意味で確かこんな感じのネームだったような...)が
風味も良く美味しかったです。


そしてそして...今回最もツボだったのは
何と行ってもコレ↓でございます!

madoka_ohajiki_distate.jpg madaka_ohajiki.jpg


「おはじき」という和三盆のお千菓子。
変形三角形の和紙包みを開けると、おはじきを模ったお菓子が
鎮座しております。
そして和紙包みには本物のおはじきが...。
店頭のディスプレイ(画像左)も、キラキラしていてステキ☆


お話しを聞いみると、ご主人の半澤さんは
もともと青森の老舗和菓子店に生まれ、デザインを学んだ後
東京の和菓子店で修行されたそうです。
納得ですねぇ。

加えて奥様はディスプレイ関連のお仕事をされていたと
いうから、これはもう百人力!

店内の随所随所にセンスの良さが光っていました。

madaka_display2.jpg madoka_display.jpg


他にもカップデザートのきな粉と黒糖の「ブラマンジェ」も
あり、こちらもGOODでした。

場所は寺岡の藤崎スーパーさんのお向かいになりますので
そちらを目印に是非どうぞ☆
____________________
円菓(まどか)
仙台市泉区寺岡5丁目12番24号
TEL・FAX 022-785-7547
営業時間 9:00~18:00 不定休

投稿者 おっかぁ : 00:39 | トラックバック (1)

このエントリーのトラックバックURL

http://blog.kahoku.co.jp/mt-tbkhkb.cgi/192

円菓(まどか) from Kitchen* (2006年1月30日 14:48)

和菓子のお店『円菓(まどか)』。 シンプルな作りの店構え、店内に入るとこれもまたシンプル。 でも一つ一つとてもかわいらしくディスプレイされています。... ...