2008年9月17日

TITLE|「純米酒BAR」大盛況のうち 無事終了☆

THEME|ガンバレ日本酒☆ガンバレ宮城の酒

   ジャズフェス期間中、サポーターの皆で出店した「純米酒BAR」
お陰様で大盛況のうちに無事終了することが出来ました。
当日 スタッフとしてご参加頂いたサポーターの方々、ブースの方へ遊びにいらして頂いた皆さま
本当にありがとうございました!!

すっごく濃厚な2日間だったのですが、かいつまんでレポを。

  *     *     *     *

junmai_2.jpg

1日目のこの日は、一ノ蔵のマーケティング室の山田室長(前列左)にお手伝いに入って頂き、
この日のスタッフと「は~い みんなガンバロ~ね!」の記念撮影。
朝方降った雨もウソのように晴れ、皆のパワーが通じたのですね~きっと。

junmai_3.jpg

ラインナップは基本12種類。
べーシックなお酒から「ひめぜん」や「すず音」など、女性向け低アルコール酒まで。
中でも一番のオススメは右上にチラッとPOPが見える「白かすり」。
特別純米生原酒に甘酒をちょっとプラスした限定酒。
原酒のピリッとした風味に甘酒の優しい甘みがプラスされて、何とも不思議な味です。

junmai_7.jpg

少量づつ3種類選べる利き酒セットの他、ワンショット、日本酒ベースのカクテルもあり!!
いやぁ~どれもこれも皆おいしそうで、迷っちゃいますね~。

junmai_4.jpg

まずは山田さんから、サポートスタッフに対するお酒のレクチャー。
酒米、精米歩合、風味の特徴をひとつづつ説明して頂きながら、各自メモ。

junmai_5.jpg

そして、ひとつひとつ利き酒です。
自分の舌で確認しないと、お客さまにオススメも出来ませんものね。

junmai_6.jpg

さぁ~て いよいよ開店だぁ~!!!
実はAM11:00開店の予定が、前日のラジオでリリースした先着30名様の特典狙いで
早くも20分前から駆けつけ順番待ち。
結局10分前にOPENするという、うれしいハプニング付きでした~♪

junmai_8.jpg

オープン直後の様子。出足好調!!
お酒...特に日本酒の場合、出足が遅いという話しを事前に聞いていただけに、
実は閑古鳥が鳴いたらどうしよう~と内心ヒヤヒヤだったのですが、
PM6:00の閉店まで、結構お客さまが途切れる事がなかったのですよ~(感涙

junmai_13.jpg

 さて気を引き締めて2日目☆
この日は同じくマーケティング室の永井さん(前列右)がサポートに。
みんなっ 2日目もガンバロ~ね!

お馴染み、日本酒の瓶を片手に「はい ぽん酒~♪」の合言葉で撮影。
錦町公園の中でも、ちょっと注目の的だったかも(笑)

junmai_11.jpg

ブースに入るサポートスタッフの顔ぶれは前日と変わるので、
1日目同様 永井さんから、早速お酒のレクチャーです。


junmai_14.jpg

この日もありがたい程、大入りでした!!
特に夕方にかけては、注文を受けるレジ前にかなりの行列が出来て、
前日スタッフに入り、この日はお客さんとして来ていた人達に再び手伝いに入ってもらった始末。。。

加えて当初、かなりの見込みで用意していた注文シートが切れ、
コピーに走ったりで、ちょっとパニクル瞬間も...。
いやぁ~本当にありがたいです!!!


当初狙っていた日本酒に馴染みのない若い方々や女性に
かなり足を運んでもらった事...これはうれしかった!!!!
「日本酒って普段飲まないけど、実際飲んでみるとおいしいんですね。」
「日本酒のカクテルってあるんだ!」
そんな素朴な声がアチコチで聞こえて来る度、
色々あったけど、やっぱり出店して良かったなぁ~と心底思いました。

 

そして何よりうれしかったのは、当日ボランティアで入って頂いたサポーターの方々が
本当にどんな仕事も嫌な顔をせず、楽しそうに取り組んでもらえた事。

junmai_15.jpg

客足が途絶えそうになると、こんな感じ↑↑の看板を手に、公園内をぐるりと回りながら声掛けする係。

junmai_16.jpg

いらっしゃいませ~♪とお酒の説明をしつつ、笑顔でかつ迅速に注文を捌く係。

junmai_17.jpg

注文が入ると「へい 合点!」と、次々オーダーの酒を提供しつつ、
お客さまとコミュニケーションをとる係。

junmai_19.jpg

錦町公園という場所柄、どうしても出店している事自体が伝わりにくい...。
それを市民広場や勾当台公園にプラカードを持ち込んで宣伝、
場合によってはお客さんを引っ張って来る係。
(彼らは本当に団体を引き連れて来るからスゴイ!!)

おそらく 一番しんどかったグラスを洗う係。。。(本当にお疲れ様です!!!)

junmai_22.jpg

そんな、それぞれの動きを目の端にとらえながら、正直私ウルウル来てました。
「宮城の日本酒が好き!応援したい!」
その想いだけで、ここまでひとつになれるものかと...。

ある方から「夏の高校球児のように、キラキラと輝いていた」という感想を頂いたのですが
まさにその通りですね。


一ノ蔵の山田さんも、正直場所的にも不利な錦町公園で、何故あそこまで
多く人に来てもらえたか不思議だとおっしゃっていました。

それはメディアを通じたリリース効果はもちろんあるのですが、
一番はやはり「人のつながり」なのですよね。
個人個人が身近な友達や大切な人にその想いを伝えた事、それが大きかったと思うし、
皆のその「想い」が今回の成功に繋がったんだと思います。

今年はタイミング的な問題や予算的な部分があり、一ノ蔵さんのご協力を頂きましたが、
ブースにお顔を出して頂いた他の蔵元さんもありました。

junmai_18.jpg

森民酒造の石山さん。某百貨店での試飲会を途中抜け出して来て下さいました。
石山さん ありがとうございます!
ちょうど雨のタイミングで大変でしたが、「利き酒セット」のお味、いかがでしたか?
時間があれば、詩吟を歌って欲しいところなんですが...。残念。。。

junmai_20.jpg

「宮寒梅」の若夫婦!!
以前 酒イベントでお見かけした事はあるものの、お話しするのは初めてです。
ご来場ありがとうございました!!(感涙。。。
ココゾとばかりに、蔵見学のお願いもしちゃいました(汗


それからタイミングが合わず撮影できなかったのですが、
まるや天賞の蕪城(かぶらぎ)さん
にも、お越し頂きました!!
蕪城さん、気持ちいいくらい何杯もお替わりされて、さすが~研究熱心!!


とにもかくにも、サイコーに楽しく刺激的な2日間でした。
今の心境はといえば、サポートメンバーの一人が発言した言葉に一番近いかも。

「応援に来てくれるコミュの仲間たち、そして、お客様
誰が欠けてもこの企画は成功しないし、逆に一人一人が主役のイベント。」

本当にその通りだと思います!

この「MJSC=宮城の酒を応援するサポーターの集まり」。
今後も宮城全体の酒を応援する事を目標に、この流れは継続させたいと思っています。

 

そして最後になりますがイベント期間中、この「食WEB」の記事やMLを通じて、
来店して頂いたお客さまも多数いらっしゃいました。

忙しい仕事の合い間を縫ってご来場頂き、ノンアルコールの「甘酒」で我慢されていた方、
二日間通って頂き、美味しいお酒の数々を堪能された方、
ご夫婦やご家族と共にご来店頂いた方、
タッチの差でPM6:00終了後に駆けつけ、結局お酒にありつけなかった方...
本当に本当に「人のつながり」の大切さを身をもって感じた二日間でした。
全ての方々に、この場を借りて御礼を申し上げます。

ありがとうございました!!

 

投稿者 おっかぁ : 02:12 | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://blog.kahoku.co.jp/mt-tbkhkb.cgi/2073