2010年11月15日

TITLE|「立のみ処 ちだや」で、女ひとり立ち飲み酒

THEME|ガンバレ日本酒☆ガンバレ宮城の酒

「さくらの百貨店のすぐ隣に、昔ながらの立ち飲み屋があるって知ってました?」

そんな話しを初めて聞いたのが、今年5月。
立ち飲み屋好きな超オヤジな私。
以来、機会があれば是非行きたいと思っていましたが、先週初めて暖簾をくぐることが出来ました。

chidaya_6.jpg

コレコレ!!コチラ↑↑。
「立のみ処 ちだや」

今風の立ち飲み屋じゃなくて、昔っからある立ち飲み屋の王道的店。

しかしながらこの裏通りって、仙台に来てからこの歳になるまで何百回歩いているのに、
立ち飲み屋があるなんて、全く気づきませんでした!!
若い頃はすぐ向かいのホルモン屋やジャズ喫茶に、足繁く通っていたのに・・・。
どうして気づかなかったんだろー。不思議。

てか、この建物、
さくらの百貨店の「隣」というより、「建物内」では???


chidaya_1.jpg

ガラリとガラス戸を開けると、こんな感じの店内が目の前に広がります。
おそらく女性が一人で入るのは珍しいんじゃないかと。。。

入ってすぐ、お店の方々に
「・・・え??」

という表情をされましたので。



上画像の左側にはカウンターがあり、私が入店した時点で男性が4名程。
その後たて続けに、4名の男性が入ってきて、いずれの方も私の顔を見るなり
「・・・え??」

という表情をし、少し後ずさりするのが印象的でした(笑)

なので本当は左側のカウンターこそ撮影したかったのですが、
店内の重苦しーー空気に負けて、撮影断念。

実は5月にお店の存在を聞いて以来、2度程、すきま時間を狙って暖簾をくぐろうとしたのですが・・・ダメ。
男性(それも年齢層高め)ばかり、皆淡々と目の前にあるお酒を飲んでいる、ある意味濃厚な雰囲気に気後れし、ついぞ入れずじまい。

さりとて連れを伴って行くんじゃなく、一人でフラりと立ち寄りたかったので、
虎視眈々と機会を狙っていたワケです。
今回は勇気を振り絞ってチャレンジ。偉いぞー自分。

chidaya_3.jpg

つまみ安っ!!!

全品120円ですぞいー!!

不況のご時世、お小遣いを減らされているお父さん達には心強い味方だわー。

chidaya_2.jpg

仙台のお店でなかなかお目にかかれない蔵、名取・閖上の「波の音」
酒メニューの筆頭に掲げてあり、驚きました。
迷わず注文。アテにはザーサイを。

chidaya_4.jpg

2品目に頼んだこれは美味しかった!!蛸の唐揚げ。
もちろん、お値段120円也ー。

うれしいのは目の前のフライヤーで揚げてくれるですヨ。
もちろん冷凍品を使っていましたが、120円でこのお味であれば大満足でっしょ!

揚げたてを「アチャアチャ」などと、
誰に話しかけるワケでもなく、自然に口から出る私。笑

美味しくて、おかわりしちゃいましたわー。

chidaya_5.jpg

〆はおしんこと「飛露喜」で。いい感じだぁー。

滞在時間30分弱。お酒3杯とつまみ3品で、トータル1400円ぐらいだったかな。
お財布に優しいですねー。次回行くときは、男装していこうかなー。笑

====立ち飲処 ちだや=
営 業:13:00~20:30(土のみ12:30~20:00)
Tel 022-221-2011


大きな地図で見る

投稿者 おっかぁ : 16:22 | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://blog.kahoku.co.jp/mt-tbkhkb.cgi/3261