2012年8月26日

TITLE|子どもピーマン

THEME|食のよもやま話し

子どもピーマンなるものがあるなんて、初めて知りました。

kodomo_p_1.jpg

コレ↑↑です。

一般的なピーマンに比べると、だいぶ細長くスマートな感じ。

kodomo_p_2.jpg

中はこんな↑↑↑感じ。
普通のピーマンと同じぐらいの皮厚なのだろうけど、
細い分、肉厚に感じますよね。

このピーマンは宮城県農業大学の生徒さん達が育てたもので、
「こころみキッチン」(←リンク)メンバーの一人、Kさんが農業大学の先生をしている関係上、
先日サンプルとして頂くことができました。

野菜嫌いの子どもは多く、中でもピーマンの嫌われ率は高いですよね。
「子どもピーマン」はその嫌われる要因である独特のピーマン臭や、
苦味をなくしたものらしい。
詳細はコチラ(←リンク)参照

確かこのピーマン・・・生のまま食べられる程苦いは少なめ。
サラダにも十分使えそうですが、
「家庭でどんな風に料理をするか、生徒達も関心があるみたいで・・・」と言うことなので、
実践TIMEーー☆☆


ちなみにご多分に漏れず、うちの子達もピーマン嫌いです(笑)
子ども達にピーマンをメインで出す時は、挽肉をコネコネした肉詰めが多いのですが、
今回はちょっとアレンジしてみました。

kodomo_p_4.jpg

ササミ詰めの照り焼きですー!
厚みも幅も狭いので、普通に肉詰めだと崩れやすいかなぁと思い、ササミバージョンで。

ササミはあらかじめ、日本酒でレンジ蒸しにしてあるのでふんわりだし、
照り焼きソースとの相性もGOOD!

kodomo_p_3.jpg

2本残ったので、酒肴用にもう1品。
ザーサイピーマン炒め。芽ひじきも入ってヘルシーよん♪
って 結局冷蔵庫にある残りものを使っているだけですが・・・。
少しだけニンニクを効かせているので、お酒がこれまたススム君です。


全般的な印象としては、小さいながら歯ごたえのある食感、
そして苦味が少ない分、広がりのある食材だなと感じました。

Kさん ありがとうございました!

投稿者 おっかぁ : 10:02 | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://blog.kahoku.co.jp/mt-tbkhkb.cgi/4041